So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイソー カナル型イヤーピース(イヤホン)交換・予備用レビュー [100円均一ショップ]

最近、カナルタイプイヤホンのイヤーピースを結構無くすことが多くて、100円ショップで見つけた予備・スペア・交換用を買いましたのでレビューします。

最初、近所のローソンの100円ショップに行ったらカラーがホワイトのスペア、イヤーピースしかなかったので諦めて、今日たまたま大きい店舗のダイソーへ行ったら売っていたので購入しました(ダイソーではホワイトは置いてなかったです)。

棚には違うパッケージが2つあったので、取りあえず両方の予備イヤホンを購入。

※画像クリックで拡大できます。

ダイソー カナル型イヤーピース(イヤホン)交換・予備用
スペアイヤーピースのパッケージの表

ダイソー カナル型イヤーピース(イヤホン)交換・予備用裏面
交換用イヤーピース、パッケージの裏

両方の差ですが、微妙にサイズが違うようです。小サイズは10mm/9mmで、中は11.5mm/11mm、大は13mm/13mmです。

ダイソー カナル型イヤーピース(イヤホン)交換・予備用 2種類比較
上から見た状態。左が紫のパッケージ、右がブルー・ホワイトのパッケージに入っていたイヤーピース。

ip05.jpg
横から見た状態。左の方が紫パッケージの薄いシリコン、右がホワイトパッケージに入っていたゴムっぽく少し厚みのある感じのイヤピース。

また、使用感も違いがあり、写真左側の紫っぽいパッケージの方は柔らかめ(ソニーのカナル型に近い装着感)で、右側のプルーと白のパッケージは固めのゴムのような感じです。

全てのメーカーのカナルタイプイヤホンを使ったわけではないので分かりませんが、多分多くの人は紫のパッケージの方が、今まで使っていたタイプと変わらない印象だと思うのでそちらをお勧めします。

左側に関して言えば、使用感はまったく違和感・問題なく快適です。100円で替えを購入できるなら、頻繁に無くしても気が楽ですね。



追記
二週間ほど両方とも使って見ましたが、慣れると固めのゴムタイプの方が外れにくくこちらの方が言いように感じました。ジムでのランニングで使用するときは特にいいです。

高いものではないんで両方とも買って自分に合う方を今後買っていくパターンがいいかもしれません。

追記 2010/09/18
ホワイトのイヤーピースもなくしてしまって、ダイソー購入しました。

両耳で大中小の6つ。シリコンではなくゴムタイプです。
ダイソーホワイトのイヤーピース


大のイヤーピース装着。
ホワイトのイヤーピース 大


中のイヤーピース装着。
ホワイトのイヤーピース 中


小のイヤーピース装着。
ホワイトのイヤーピース 小


 

 

 


肩こり・腰痛を持つ人に人気のアーロンチェア。ニューヨーク近代美術館の永久コレクションに指定されてます。

夏は結露せず
冬は冷めにくい
〝真空断熱コップ〟
↓↓↓↓↓↓↓
普通のコップと
比較しました!

真空断熱の二重構造で「暖かさが持続」する冷めにくいマグカップです。夏場は結露せず、一年中活躍します!


 

 

 


電子書籍を自分で作るときに必要なスキャナ。自炊ユーザーの殆どがこのscansnapを使用。


本を裁断する裁断機DC-210N。一度に40枚を裁断できる。


フローリング・畳から傷を守るチェアーマット。特に賃貸に住んでいる人にお勧め。