So-net無料ブログ作成
検索選択

川崎地盤沈下、最大11センチ

2011年度、川崎市が地盤沈下状況を調査し、今年2012年8月14日にデータを公開しました。

計測地点400カ所のうち、すべてにおいて、地盤地下が見られ、最大は、川崎区の浮島で、11.28センチとのことです。

川崎市環境局環境対策部環境対策課は、「今回の結果は、平成 23 年 3 月 11 日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う地殻変動の影響を受けていると考えられます」とまとめている。

因みに、4センチ以下の地盤沈下は、建物への大きな影響は確認できないとのこと。

詳しくは、川崎市が発表した資料をご覧ください。

平成23年度の川崎市の地盤沈下状況について (PDF)

 

 
 

 

Facebook コメント