So-net無料ブログ作成
検索選択

水事業で川崎市とJICAが協定へ

川崎市とJICA(国際協力機構)が、水道事業を国際展開して、海外に売り込むとのこと。

水ビジネスは、2025年に86兆、将来的には100兆規模に成長すると見られる。

日本の浄水技術は世界で最高水準で、世界の水ビジネスに優位に立てる可能性がある。

東京都、横浜市も水ビジネスに参入している。

行政の培った技術が世界に売れることはいいことだと思いますが、水ビジネスをする会社(第三セクター)が乱立して、競合している間に、他の国の水ビジネス会社に差を付けられてしまわなければいいのですが。

日本で、多くの家電メーカーが携帯電話を製造し、結局数社しか残らなかったように。

 
 

 

Facebook コメント