So-net無料ブログ作成
検索選択

音楽保存形式をロスレス(ALAC)に統一

今まで、音楽の保存形式は、PC・再生プレーヤーの環境などに合わせ、MP3 128k、MP3 192K、AAC 256k、AAC 320kと迷いながらどちらがいいかと考えて保存して来ました。

で、少し前のことですが、1年前から常に耳鳴りがあるため、気を紛らわすためら、常にジャズをランダム再生で流しています。

1日何時間もジャズを聴くと、数百曲程度では飽きてしまうため、 アルバム1,000枚程度(7,000曲)を確保することにしました。

いままでは、聞ければいいやという感じで、音質には特に強いこだわりはなかったのですが、これから膨大なCDをリッピングして取り込み、毎日聞くとなると、いい音で保存したいという気持ちになります。 

また、最近話題の定額制、音楽配信サービスも、差別化の為か、AAC320kや海外では、ロスレス配信なども登場しています。この調子で行くと、数年後にはロスレスが一般的になるでしょう。

配信サービスが、ロスレスなのに、自分の持っている音源が圧縮劣化音源というのは、圧縮とロスレスの音の違いが分かるのか以前に、神経質の私には耐えられません(笑)

 

ただ、ロスレスのFLACかALACにするにしても、2つ問題があります。

ひとつは、現時点では再生できるプレーヤーの問題。iPhone、iPod、Androidのスマホ、PCは再生ソフトがありますので、問題ありませんが、私がスポーツクラブで使用している耳かけタイプのウォークマンは対応していません。

もひとつは、容量の問題。今はAAC256kでリッピングしている人が多いと思いますが、これがロスレスになると約3倍の容量になります。

この問題をどう考えるか。

容量の問題に関しては、ジャズはPCがあるところで聞くので、容量や再生環境は障害がありません(ジャズ7000曲をロスレスで保存しても250GB程度で1~3TのHDDが安く買える現状では大した量ではありません)。

耳かけのウォークマンでロスレスに対応していない問題は、面倒ですが、

1.ランニングで聞く曲をピックアップ 

2.ピックアップした曲をiTunseで、ロスレスALACからAACバージョンに変換

3.変換したAACの曲のアルバムプロパティを「ランニング用」に変更

こうするとこで、「ランニング用」アルバムを選ぶだけでAACのみが一覧でわかるので、ALACファイルと混同することが避けられます。

別の方法としてMP3だけをWindowsであれば別の音楽管理ソフト「Windows Media Player」などで、リッピングすることで、ロスレスとMP3ファイルの混同が避けられます。

さらに、 sonyのMediaGoを使うと、ロスレスはFLACで、ウォークマンへ曲を転送するときは、AACに変換して転送してくれるようです(MediaGoを使ってみましたがiTunseに慣れていると、操作しにくく使うのを諦めました)。

当面は、この別の変換で対応することにしました。

 

まぁ、あと数年もしたら、僕の使っている型のウォークマンもALACに対応する新製品が出ると思いますし、スマホメモリの環境も良くなるでしょう(先日、まだ高価ですが512GのSDカードも発売されました。多分、4kや8kの動画撮影が一般的になる頃には保存容量に対する要求も多くなるため、SDの容量も512Gや1Tが一般的になってるでしょう)。

ロスレスの形式ですか、今までずっとiTunseを使っているので、形式はALACです。今、ロスレスの保存形式はFLACが主流ですが、いざとなれば無劣化でFLACに変換できるため、 使い慣れていることを優先しました。

 

ここで、ロスレスかどうか聞き分けるテストのサイトを紹介します。

ロスレスで音楽ストリーミングを提供しているTidalの聞き分けテストサイトです。

http://test.tidalhifi.com/

下記が私がテストした結果です。

 

TIDAL · High Fidelity Test1.jpg

一回目の結果。

 

TIDAL · High Fidelity Test2.jpg

二回目の結果。

 

このテストは会員を増やすために、ロスレスか圧縮音源か、違いが分かりやすい音楽を選んでいる(と思う・・・・)ので、正解率が高かったと思います(圧縮データはAAC320k)。

違いを感じるポイントは、よく言われるベールを一枚剥いだような透明感(音の広がり)、中音のパワーに意識を向けるとわかりやすいと思います。

逆に、ポイントを意識しないと違いが分からない程度とも言えますね。

ちなみにリスニング環境は、マザーボードの音声出力→DELLのモニタースピーカーのイヤホン→JVC ヘッドホン・イヤホン HA-FXD80-Zと、一般的な環境です。 

USB DACで、そこそこ良いスピーカー・ヘッドホンであればもう少し違いがはっきり分かるかもしれません。

 

関連記事

オーディオブック・朗読CDもロスレスでリッピングすることに

 
 

nice!(0)  コメント(0) 
 

PCを設定時刻にシャットダウン

メモ用

コンピュータを設定時刻に自動でシャットダウンする

 
 

nice!(0)  コメント(0) 
 

Windows8.1でbluetoothの設定が消えて開けない

突然、Windows8.1で、bluetoothの「Bluetooth デバイスの追加」、「Bluetooth デバイスの表示」をクリックしても、画面が表示されたり、起動しなくなりました。

Windows8.1でbluetoothの設定が開けない
クリックしても何も動作せず。

デバイスマネージャーから一度bluetoothのドライバーを削除してインストールしなおしてもダメ。

最後に、bluetoothを使ったのは昨日の夜。あれからwindowsの設定を変更したかなと考えるも、スタートアップに追加されていたDVD再生関連のソフトを無効にした程度。

いろいろ方法を探していると、チャームの「設定→PC設定の変更」をクリックしても画面が現れず、起動もしないことが判明。

さらに、スタート画面で「デスクトップ」アイコン(タイル?)も消えていることが判明。

 

まったく、なんなんだ!

 

 

当初、windows8とbluetoothのキーワードでネット検索かけて調べていましたが、「PC設定の変更」に変更。

すると、同じ症状の解決方法が掲載されているサイトを発見。

 

Windows 8で、「PC設定の変更」が開かない(Microsoftコミュニティ)
 

原因は、「プログラムフォルダー内にある一部のリンクが存在しないとPC設定が起動しないとのこと」。

そういえば、邪魔なので、一部のリンクを消していました。

windows8.1 カメラ・PC設定・photos・ストア・デスクトップ・検索を消す 

 

消してしまったリンクを復活させるには、コマンド プロンプトでシステム ファイル チェッカー ツール (SFC.exe) を実行すると復活するそうです。

 

Windows PowerShellを管理者として実行 

windows PowerShellを管理者として実行。

 

Windows PowerShell


Windows PowerShell
Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

PS C:\Windows\system32> sfc /scannow

システム スキャンを開始しています。これにはしばらく時間がかかります。

システム スキャンの検証フェーズを開始しています。
検証 100% が完了しました。

Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらは正常に修復されました。詳細は CBS.Log windir\Logs\CBS\CBS.log に含まれています。

例: C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log。ただし、オフライン サービス シナリオでのログの記録は現在サポートされいません。

PS C:\Windows\system32>

 

「sfc /scannow」と入力してenterキーを押すとチェックが始まり、修復してくれます。

 

これで、無事に復活しました。

しかし、リンクを消しただけで、設定画面が開かないってどんな仕様なんでしょうか。

 
 

 

スクリーンキャプチャで黒い画面で保存される

WindowsXPのデュアルモニター(2画面)PCで、複数のソフトを立ち上げ時に、スクリーンキャプチャをすると、保存データが黒い画面になることがあります。

ネットで調べてみたところ、下記のサイトで解説がありました。

Print Screen がうまくいかない時はリソース不足の可能性がある。PagedPoolSize を ffffffff にすると解消するかもしれない。


下記のレジストリで、メモリ制限の上限を引き上げると問題が解消するかもしれないとのこと。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management]

PagedPoolSizeの値を0→ffffffff に変更(0は上限をOSに任せ、ffffffff はシステム上限まで使用)。

 

早速試し、再起動したら問題が解消されました。これで、ブラック画面キャプチャー画像に悩まされなくなりました。

参考にしたブログの方、助かりました。ありがとうございます。

 
 

 

ビデオカードの種類を確認する方法


PCI Express x16 ビデオカード端子を削りx1に加工・改造する

の記事の続編として、自分が使用しているパソコンのビデオカードの種類(GPU)を確認する方法を紹介します。

 

WindowsXPの場合

WindowsXP ビデオカード確認方法

WindowsXPが起動した後、アイコンなどが何もない画面上で、マウスの右クリックしてメニューを出し、「プロパティ」を選択します。

 

画面プロパティの設定を選択

「画面のプロパティ」が表示されるので、「設定」のタブを選択すると、ディスプレイの項目に、表示されている、GPU名が表示されます。

 

Windows Vista/7/8の場合

画面の解像度を選択

Windowsが起動した後、アイコンなどが何もない画面上で、マウスの右クリックしてメニューを出し、「画面の解像度」を選択します。

 

詳細設定をクリック

「詳細設定」をクリックします。

 

アダプターの種類でビデオカードを確認

「アダプターの種類」で、表示されているGPU名が表示されます。

 

ビデオカード、GPUなどについて

Radeon9600a.jpg

画像を作り出す電子部品がGPUといわれるもので、現在一般向けでは、「AMDのRADEON*」シリーズ、「NVIDIAのGeForce」シリーズ、「intelのHD Graphics」シリーズの3つに分けられます。

*RADEONはATIという会社が製造していましたが、AMDに買収されました。その名残から、ビデオドライバーや商品名にATIというブランド名前が付いています。

そのGPUを購入し、ビデオカードを製造しているのが、SAPPHIRE、MSI、GIGABYTE、玄人志向などの各メーカーです。

上のビデオカードでいうと、銀色部品(の下にあるGPU)を購入して、基盤やいろいろの部品を組み合わせて作ったのが、各メーカーとなります。

 

ビデオカードを2枚刺しする場合は、なるべく同じGPUに合わせた方がいいと書きました。

つまり、上の方法で、使用しているGPUを確認し、同じシリーズを買えばいいということになります(RadeonならRadeon、GeForceならGeForceです。型番も近いものを選ぶと無難かもしれません)。

ただ、Intelだけは、ビデオカードとして発売されていない為(GPUの機能はCPU又はチップセットとして組み込まれている為)、この場合は、好みでRadeonかGeForceを選んでいいと思います。

 

AMD Radeonシリーズ

 

 

NVIDIA GeForceシリーズ

 

関連記事

 
 

 

PCI Express x16 ビデオカード端子を削りx1に加工・改造する

クアッドモニター(4モニター)にする必要があり、ビデオカードを増設する必要が出ました。

私の使用しているマザーボードP5QはPCIe(PCI Express)のx16バスが一つしかなく残りは、PCIe x1とPCIバスです。

そこで、当初は某中古通販で、PCIのビデオカードを購入したのですが、届いたのはPCI Express x16バス用で、返品することに。(^^;;;;

 hd2400-pci

型番とビデオカードのコネクタを見れば、一目で違いに気づくと思うのですが・・・。買い取り時と商品発送時の2回、気づくチャンスがあったのに。

 

時間的な問題もあり、冒険は避けたかったものの近所のPCショップで安いPCI Express x16のビデオカード Radeon 5450を購入しx1へコネクタ部分を削る方法*で、加工・改造することにしました。

* PCIeは、x16のボードでもx1モードで動作する上位互換のような感じで、コネクタの物理的な問題を解決すれば動くのです(但し一部に動かないのもある)。

参考 wikipedia PCI Express 利点

 

※画像クリックで、拡大できます。

参考にする際は自己責任でお願いします。最悪の場合パソコンが壊れる場合があります。また、この方法で試して映らない事例の報告もあります。

映ったらラッキー程度でお挑み下さい。

※比較的、高価なビデオカードの方は、マザーボード側のPCIeコネクタ側を削ることで、ビデオカードに傷を付けずに済みます(PCIeコネクタの先に電子部品がなく、ビデオカードの端子部分とぶつからない場合)。ただその場合、そのパソコン(マザーボード)は、傷物として売りにくくなるため、どちらに価値を残すか検討の上、お試しください。

※この削る方法では、PCIeのレーンが最小幅(x1)になるため、ビデオカードとのデータやり取りが狭く(遅く)なり、ビデオカードの性能がフル発揮しないような気がします(素人なので断言できませんが、3Dゲームやエンコード・計算処理をさせる場合は向かない) 。x1で繋いでいるモニター側はデータ転送量を必要としてない2D表示させる用途向き(ブラウザ・トレーディング時のチャートソフト等)とお考えください。多分。

 

Radeon HD4350とHD5450

左がRadeon HD 5450、右がRadeon HD4350。今回削るのは、今まで使用していた、Radeon HD4350です。

 


PCIe X16からx1に改造するための道具

改造に必要なものは、PCI Express x16のビデオカードとカッター、定規、マジック、やすり(100円ショップ等で売っている普通のでOK)、掃除機です。

PCIe x1バスは、1-11ピン、切り込み(ノッチ)、12-18ピンまでが使用する端子なので、19ピン以降をそぎ落とします。

参考 wikipedia PCI Express 仕様 ピンアサイン

 

19ピンにマジックを塗ります

まず、19ピンをマジックで塗りつぶします。そして、やすりで20ピンを目安に削ります。19ピンは一番最後にやすりで削ります。そうすることで、多少手元が狂っても、削ってはならない18ピンに影響がありません。

 

PCIeの19ピン目を削る

少し削った裏側の様子。ベニア板よりも力が要らずにサクサク削れます。細かい削りカスが出て、少し舞うので、削りカスを掃除機で吸い取りながら作業を行うといいと思います。

 

PCIeコネクタの上部分をカッターで削ります

ある程度やすりで削ったら、その部分から端までを、定規を使いカッターで切り込んでいきます。

 

ビデオカード端子をカッター30回程度

結構強めに、30回程カッターで切り込んだ様子。10回目ぐらいからある程度、溝ができるため定規を使わずカッターのみで行けます。

 

ビデオカード端子をカッター70回程度

70回程、切り込んだ様子。なかなか切れないのでペンチを使って割ることにしました。

 

ビデオカード端子をカッター70回程度

70回程切り込みを入れたので、端子部分をペンチを使って折切ります。

 

PCIeバスをペンチで折切る

ペンチで端子を何度か上下に振ったら割れました。

 

PCIeバスの仕上げ

最後にやすりで、黒く塗りつぶした19ピンを削って完成です。

 

PCIe x1バスに改造完了。

裏側の端子の様子。

 

カッターの刃

カッターの刃先を2回交換しました。

 

ビデオカード2枚差し

右側がPCI Express x16のRadeon HD5450で、左側が今回x16からx1に改造したRadeon HD4350。

 

PCIe x1のビデオカード

PCIe x1の端子拡大部分。ばっちりです。

 

radeon_hd5400_4350の2枚差しで4モニター

同じGPUメーカーのHDシリーズで合わせたので、今まで使用していたドライバーでそのまま自動認識しました。本当にビデオカードを刺しただけのお手軽さです。

 

 

複数のビデオカードを増設する時のコツですが、違うメーカーのビデオチップを組み合わせるとドライバーが競合することがあるようなので、なるべく同じビデオチップメーカーで同じGPUを組み合わせるとトラブルが抑えられると思います。

自分のパソコンがどのビデオカードを使用しているかは、ビデオカードの種類を確認する方法をご参考ください。

 

上の方法で映らない方へ

1.Windowsがビデオカードを認識しているか
コントロールパネル→デバイスマネージャーで、ビデオカードが認識しているか確認します。認識していてエラーが出ている場合、今回刺したビデオドライバーをインストールします。

また、今まで使っていたビデオカードを抜いて、今回削ったビデオカードのみにして起動して画面が映るか確認することで、問題の切り分けができます。

2.モニターとして有効にする
1の方法等で、ビデオカードが認識している場合、ビデオカードとモニターにケーブルをつなげた状態で、画面のプロパティで該当ビデオカード選択し「Winodwsデスクトップをこのモニタ上で移動できるようにする」にチェックを入れます。これにチェックを入れないと映りません。 

3.内蔵GPUとの組み合わせの場合、BIOS設定を見直す
チップセット、CPUにグラフィックス機能がある場合、BIOSで設定する項目があります。家ではこの環境では無いので見本となる画像が出せませんので、少し古い記事ですが、下記のサイトを参考にBIOSのグラフィック項目を見直してみてください。

グラフィックス機能内蔵マザーボードのBIOS設定 | BIOS設定★最新レシピ | DOS/V POWER REPORT

 

関連記事

 
 

nice!(0) 
 

パワーポイントの自動スライドが非アクティブだと動かない

2つモニターを用意し、サブモニターにパワーポイントでスライドループさせてお客さん側に見せるということをしたいので、とりあえずパワーポイントの試供版を入れて試してみることにしました。 

しかし、PowerPoint2010が非アクティブの時には、自動再生のスライドが止まってしまいます。

PowerPoint2010(試供版)

 

そこで、思い出したのがMicrosoft PowerPoint Viewerです。名前の通り、パワーポイントを表示させるためのソフトで編集機能は一切ありません。

このソフトであれば、いけるんではないかと思い試してみました。

 

PowerPointのスライドがループしない

結果は、、、Microsoft PowerPoint Viewerが非アクティブでも、自動スライド・アニメーション切り替えができるのですが、今度はループ再生が無効のようで、スライドが終了すると止まってしまいます。

ぬぐぐ。あちらが立たねばこちらが立たず。

結局PowerPointでの自動スライドループは諦めて、Adobe Readerを使いPDFで行うことにしました(非アクティブでも自動ページ送りが出来るの場有れば購入したのですが)。

実は、Adobe Reader/Acrobatには、下記のように自動ページめくり機能がついているのです。

acrobar readerでPDFをループ自動ページ送り再生

Adobe readerの環境設→フルスクリーンで、自動ページ切り替え再生の時間間隔が設定できます。

PowerPointのように、アニメーションは出来ませんが(動画等は組み込めるようです)、今回は文字だけの表示なので、Word2010で原稿を制作しPDFで保存し、Adobe Readerで自動スライドショーという方法で決着しました。

 
 

 

DDR2 PC6400メモリ 2G増設

仮想メモリ(スワップファイル)をオフにした2GメモリのWindows XP PCで、最近メモリが足りません警告が頻発するので、メモリを増設することにしました。

umax PC6400 2G memory

近いうちに新しいシステムに買い替えそうな気がするので、つなぎとしてじゃんぱらで中古を購入。2枚で1600円ぐらいでした。安い!

 
 

 

bluetoothでヘットセット接続するとミュートになる

先日、bluetoothアダプター・ヘッドセットを買いました。

bluetoothアダプター&ヘッドセット購入レビュー(BT-Micro3E1XZ・BT-06HS-CBKEZ)

PCとイヤホンがワイヤレスになり、とても快適に使っていたのですが、ある日突然ヘッドセットの電源を入れると認識はするものの勝手にマスタ音量の項目がミュート(音が出ない設定)するようになりました。

そのため、ヘッドセットの電源を入れるたびに、ミュートを解除してから使用する形になりとても不便です。

一応、ネットで解決方法が無いか検索してみたものの見当たらず、我慢の日々だったのですが、ついに我慢も限界に達し、本格的に症状を治す作業に取り掛かりました。

BluetoothアダプタのBT-Micro3E1XZ

もう一度、ネットで検索しようと思った時に、ドライバーの再インストールをまだしていなかったので、試してみたらあっさり症状が治りました(^^;

うーん、どんな原因で毎回ミュートになってしまったんだろう。

 
 

 

Canon iP3300 オペレータエラーが発生しました。

先日、プリンタ(キヤノンのiP3300)を使おうと思ったら画面に「オペレータエラーが発生しました。」とエラーメッセージが表示され印刷ができない。

オペレータエラーが発生しました。

オペレータエラーが発生しました。プリンタのリセットボタンを押してください。エラーが解除されないときは、いったん印刷を中止してプリンタの電源を切り、もう一度電源を入れてください。


指示通り、リセットボタンを押しても電源を入れなおしてもコンセントを抜いても同じエラーが。プリンターをよく見てみるとエラーランプが点滅しています。


再生ボタンで、点滅する様子の動画が見られます。

で、この「オペレータエラー」とはどういったエラーかということで調べてみました。

キヤノン iP3300 操作ガイド 69ページより
http://cweb.canon.jp/manual/bj/ip3300/index.html

プリンタにエラーが起きるとエラーランプ(オレンジ色)が点滅します。エラーランプの点滅回数を確認しエラーの対処をしてください。

点滅回数 原因
2回・・・用紙がない、給紙できない
3回・・・紙詰まり
4回・・・インクタンクが正しくセットされていない、インクがなくなった
5回・・・プリントヘッドが取り付けられていない、プリントヘッドの不良
7回・・・インクタンクが正しい位置にセットされていない
8回・・・インク吸収体が満杯になりそう


今回の場合、エラーランプの点滅が5回なのでプリントヘッド回りにエラーの原因がありそうです。ちなみに8回のインク吸収体にとはどんなものかについては、

プリンタ pixus 860iを分解処理

を見てみてください。

それで、とりあえずプリンタヘッドを取り出して端子をアルコールで清掃して取り付けるも同じエラー。もうここでお手上げ(笑)。

オペレータエラーで取り外した ip3300のプリンタヘッド

一応プリントヘッドに繋がっているフレキシブルケーブルの接触不良も考えられるので分解することに決定。

オペレータエラーが発生しました。エラーで分解することになったip3300
購入して数年の上、「インクは純正のみ使用、月に数回程度」で状態はいいのにまさかこんなに早く壊れるとは。

キヤノンのプリンタip3300を分解開始
裏側の矢印にマイナスドライバーを突っ込みツメを押して外していきます。

キヤノンのプリンタip3300のサイドカバーを外した状態
両サイドのカバーを取った状態。

ip3300の内側もツメを押して外します
さらに同じ要領で外していきます。

キヤノンのip3300を分解して上のカバーを外した状態
上のカバーが外れました。

ip3300iのフレキシブルケーブル
本体側のフレキシブルケーブルは、接触不良は無い様子。

ip3300のヘッド側
次にヘッド側をと思ったらこれは簡単に外れない感じです。

ip3300のヘッド側2
はじにある金具を取らないとヘッドが外れないようです。ここまでやってしまうと何時間もかかってしまうので、これ以上は断念。仕方ないのであきらめて新しいプリンタを買います。。。

追記
新しいプリンターを購入しましたので、新たにレビュー記事書きました。

Canon ip2700購入。評価レビュー

もう、すぐ壊れるのを前提で一番安いプリンターを選びました。今の時代、一番安いプリンターでもそこそこ綺麗に印刷できるのでお買い得でした。