So-net無料ブログ作成
検索選択

自炊用DC-210N購入レビュー

アマゾンで、軽量裁断機のDC-210Nを自炊用として購入しましたので、レビューしたいと思います。

ScanSnapS1500を購入し、本の電子化・自炊をしています。スキャンする際、本をばらす必要がありますが、今までは大きいカッターと定規を使用し裁断していました。

しかしこの方法では、つい力を入れすぎて斜めになったり、曲がったりして、綺麗に裁断するのは難しいです。

そこで、やはり裁断機を買った方がいいという考えになり、色々調べてみると、自炊する人の間では有名なプラス 断裁機 PK-513Lがありますが、一度で裁断でき良く切れるのですが、大きいために場所を取るのと、価格がスキャな並みなですので見送り。

次に、同じような機能を持つ中国製の大型裁断機・ペーパーカッターも値段は一万円台と安いものの大きいのでこちらも見送り。

というわけで、最後に残ったカール事務機のディスクカッター DC-210Nを購入しました。こちらは先の2台に比べコンパクトで、少しの隙間があれば、しまって置けるので邪魔になりません。

また、歯が直接触れられない構造になっているので、万が一子供が悪戯しても安心のうえ、替え刃も2枚で600円と安いもの魅力です。

 

今回の自炊用に購入した品

カール事務機 ディスクカッター DC-210N
仕様
対応サイズ:A4長辺方向 裁断枚数:丸刃40枚(2往復目安)、ミシン目刃3枚 裁断幅:310mm
本体サイズ:36×49×80cm
重量:2.6kg
特徴:紙あて定規付
付属品:丸刃(K-28)/ミシン目刃(K-29)/替刃用空ケース1個/替カッターマット(M-210)

参考1 プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L
寸法: 40.2 x 40 x 17 cm / 重量 13 Kg

参考2 大型裁断機・ペーパーカッター
寸法: 38 x 53 x 17.5 cm / 重量 17kg


で、毎度のアマゾンで購入。以降、画像クリックで拡大できます

 

DC-210Nの箱の表面

dc-210n 箱1

 

裏面の画像。簡単な使い方が印刷されています。

dc-210n 箱2

 


箱を開けた状態。本体、使い方が書かれた説明書一枚とガイトの3つのみでシンプル。付属品の替え刃は、あらかじめ本体内に収納されています。

dc-210n 箱オープン

 

左の黒い長方形がガイドになります。裏側にマグネットがついており、本体に乗せることで書類の向きを調えられます。

dc-210n 本体

 

手前にある説明部分のアップ。使い方が書かれています。

dc-210n説明シール

 

左にはポケットがあり、替刃とカッターマットが収納できます。

dc-210n カッターポケット



カッターマット(型番 M-210)。刃の下に設置します。備え付けと替えの2本付属しています。

dc-210nカッターマット使用済みと未使用品

上が未使用品で、下が新書を30冊程度切断した状態のカッターマット。2本切れ目が入っているのは向きを変えることで片面2度使えるためです。つまり両面で4回分交換できます。

また、先頭部分の切込みが深いのは、カッターの位置を先頭に持ってくる回数が多くなり傷みやすくなるためです。

 

刃が設置されている〝ホルダー〟部分。ここの2つのネジを外すことで、内部の刃の交換が出来る。ネジは素手で回せる。

dc-210nのカッターホルダー

カバーを取った状態。替え刃に変えるときもこのような要領で行います。

dc-210nのカッターホルダー開けた状態

 

刃のアップ。刃を押さえつけながら移動させることで、刃が回転しながら紙を切る仕組みです。

dc-210nの丸刃アップ

 

刃は固定されているわけではなく、中央の丸い部分に入っている感じです。ですのでこちらも素手で簡単に外せます。

dc-210nの丸刃取り出し

 

ホルダーのアップ。中央の丸い金属が刃になります。

dc-210nカッターアップ

 

裁断の方法・使い方は、ハンドルを外している状態。蛍光版と本体に隙間が出来るので、ここに裁断したい紙を入れます。

dc-210nのハンドルを外している状態

 

ハンドルを閉めた状態。これで本体と紙が固定されています。

dc-210nのハンドルを閉じている状態

 

これから新書を裁断して自炊開始です。この裁断機は一度に40枚までしか裁断できないため、40枚以上ある本などは、一度カッターなどでばらす必要があります。裁断前に外側両面の硬い表紙と背表紙を取り去ります。

新書

 

背表紙を取り外すのは、この様にして本を分け切る時に切りやすくするため。画像では縦にしてますが、机の上に横置きして裂くような感じで、分割した方が楽かもしれません。

新書をばらす

 

このように40枚以下に分け切ります。紙の厚さによっては50枚でも行けます。

新書をカッターで分割した状態

 

使い方は、裁断機のレバーを上げます。

カッターアップ

 

本を挟みます。

dc-210n裁断中

 

レバーを上下に2~3回動かします。

裁断中 上から

 

綺麗に切れました。

裁断完了

 

ガイドの使い方は、上下の出っ張りにガイドの片方に溝があり、はめるように設置します。なお本の場合、背表紙がのりでページがくっ付いている為ガイドは必要ないです。必要があるのはバラけている雑誌やホッチキスで止められている資料・レポート系などでしょうか。

ガイドを使った裁断

 

ガイドの裏面はマグネットがついており本体にぴったり固定されます。下側のくぼみが本体のでっぱった部分にはめる溝です。

ガイドの裏側のマグネット

 

裁断後はこのような感じになります。あとはスキャナで、読み取りして自炊の完了です。

dc-210nで裁断した本

というわけで、簡単ですが本の電子化・自炊用にカールの裁断機・デスクカッターDC-210Nのレビューをしてみました。

家庭の事情(場所がある、幼い子供がいる、予算など)により、一概にどの裁断機がいいとは言えませんのでその辺はお好みでという感じでしょうか。

大型カッターと定規でカットしていた頃に比べると、肩に力を入れずに裁断でき、綺麗にまっすぐに裁断できるようになったのが一番良かったです。

というわけで、場所を取りたくない、小さいお子さんがいる方などにはお勧めの裁断機です。あと本を分割する時に、大きく丈夫なカッターとカッターマットも用意した方がスムーズに作業できますので用意した方がいいです。

カールの裁断機は、替え刃が安いのも魅力です。購入時に一緒にどうぞ。

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ

 
 

 

自炊向け裁断機、DC-210Nにカラバリ登場

普段、自炊する時にscansnap組み合わせて使うDC-210Nという裁断機を使っています。

dc-210n 本体

いままで、上記のように、ブラックしかなかったのですが、レッドとブルーが登場しました。

 

 

携帯ゲーム機を連想させるようなビビットカラー系です。

新しいiPadは高解像ディスプレイで、自炊リーダーとしてはぴったりなので、発売をきっかけに自炊する人が増えると思います。

そうなると、中には裁断機のカラーに拘る人も増えると見越してカラバリを増やしたのでしょうか。仕事ではお客さんの目に触れることのない裁断機ですので、コスト増になるカラバリをする必要はないはずでかので、明らかに家庭・個人で使用を想定しているということなのでしょう。

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ

 
 

 

DC-210Nで文庫を裁断する手順

ディスクカッターのDC-210Nで文庫を裁断する手順について書いてみます。

DC-210Nで文庫を裁断


文庫のカバーを外します。

文庫のカバーを外します


文庫を切り分けていきます。

カッターで切り分けます


文庫はサイズが小さいので、切り分けは単行本よりも楽です。

文庫を切り分けた状態


今回の文庫は4つ分け切りました。

文庫は4つに切り分けました


ディスクカッターのDC-210Nで、分け切った文庫を裁断します。

DC-210Nで文庫を裁断します


これで裁断完了です。時間にして約4分といったところです。

DC-210Nで文庫を裁断完了しました

 

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ

 
 

 

DC-210Nで新書を裁断する手順

ディスクカッターのDC-210Nで、新書を裁断する手順について書いてみます。

DC-210Nで新書を裁断する手順


カバーを外します。

新書のカバーを外します


40枚を目安に切り分けていきます。

本を切り分けます


一度で切れなさそうな時は、無理せず2回同じ個所に刃を当てる感じで。

一回の裁断で綺麗に本が水平になるぐらいです


横から見ると、まだ薄くノリが残っています。

横から見るとノリが薄い状態で付いている感じです


2回目のカッター切り込みで本が分かれていきます。

2回目のカッターで切り分けです


力任せに切ると、変な方向へ切っていくので、ゆっくと切っていきます。

ゆっくり切り分けていきます


これで、綺麗に切れました。

切り分け完了


今回の新書は、3つに分けました。

3つに切り分けられました


ディスクカッターDC-210Nに切り分けた本をセットします。

こらからDC-210Nで切断します


新書のメモリ位置は10cm程度が目安です。

新書は10cmの位置を目安に


全て裁断が終わりました。

DC-210Nで新書を裁断完了


時間にして約4分といったところです。

これで裁断が終わりました

 

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ

 
 

 

DC-210Nで単行本を裁断する手順

ディスクカッターのDC-210Nで、単行本を裁断する手順について書いてみます。


裁断する本は、単行本の表紙が柔らかいタイプです。

DC-210Nで単行本ソフトを裁断


本からカバーを外します。

単行本ソフトの表紙を取る


表紙は柔らかいので、手で引き散ります。背表紙も一緒に取るようにします。

表紙は手で取れます


表紙の隅に、ノリの付着跡が残るのは仕方ないようです。

表紙を取った状態


裏側の同じ要領で取り除きます。

裏面も剥いでいきます


これで、本文からカバーが外れました。

表紙を取った状態


本文を分割していきます。

本を切り分けます


急いだり、力を入れ過ぎると、斜めに切ってしまうこともあるので、ゆっくり切っていきます。

切り分け中


ノリが硬い時は、無理せず2回同じ場所を切ることで綺麗に分けられます。

切り分け完了


この単行本は4つに分け切りました。

単行本を4つに分けました


ディスクカッターのDC-210Nに単行本をセットして裁断します。

dc-210nに切り分けた本をセットします


これで、裁断完了です。時間にして約4分といったところです。

裁断完了

 

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ

 
 

 

DC-210Nで表紙が硬い単行本を裁断する手順

ディスクカッターのDC-210Nで、単行本を裁断する手順について書いてみます。


裁断する本は、単行本のハードカバーというのでしょうか。硬い表紙のタイプです。

DC-210Nで、単行本を裁断


カバーを外します。

DC-210Nで、単行本ハードを裁断


参考までに、上が今回、裁断する表紙が硬いタイプで、下が柔らかいタイプ。

単行本でもハードカバーとソフトの違い


まず、硬い表紙をカッターで取り除きます。

表紙とつながっている部分を切断する


この部分はカッターのみで、スパッと切り落とします。

表紙と本分をカッターで分離する


切り落とし後の、カバーと本文。

カバーと本分を分離した状態


カバーが硬い本は、上下の背表紙位置に布がありますので、手で取り除きます。

本分の布?を取ります


本文を約40枚ごとに分け切っていきます。

本文を裁断していきます


一回で切ろうとせず、2回なぞるようにすると綺麗に分け切れます。

本文を裁断完了


この本は、4つに分けることになりました。

本文は4つに分けました


ディスクカッターのDC-210Nに分けた本文をセットします。

DC-210Nにセットします


この単行本はDC-210Nのメモリ12cmの位置が丁度いいようです。

単行本はDC-210Nのメモリ12センチの位置がいいようです


DC-210Nは、透明なアクリル板が裁断位置ラインの目安になります。

DC-210Nの裁断位置はこのように確認します


裁断後の様子。綺麗に切れるのでscansnapでスキャンした時に、裁断面から粉が殆どなく汚れません。カッターと定規で裁断していた頃はよく裁断面から出る粉に悩まされました。

DC-210Nで裁断した様子


これで、裁断完了です。時間にして約5分といったところです。

DC-210Nで単行本の裁断完了

 

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ

 
 

 

DC-210Nで雑誌を裁断する手順

ディスクカッターのDC-210Nで、雑誌を裁断する手順について書いてみます。


裁断する雑誌は、Numberです。

DC-210Nで裁断する雑誌


DC-210Nでは、40枚までしか一気に裁断できないので、この雑誌は半分に分けて、裁断を2回に分ける方法をとります。

DC-210Nではそのままでは裁断できない


雑誌を開いて、真ん中にあるホチキスを外します。カッターの刃の部分でホチキスを起こします。

カッターでホチキスの芯を取ります


起こすのはすべてではなく、ほんの少しにします。

まず少しだけ上げた状態にします


カッターの刃の逆側で垂直におこします。これで、刃がかけるのを防ぎます。

カッターの刃の逆を使います


同じ要領で、反対側も作業します。

同じ要領で外していきます


上下のホチキスを起こした状態です。

ホチキスの芯を上げた状態


もう片方のホチキス止めの方も作業します。

上下のホッチキスの芯を上げます


雑誌を裏外資にして、手でホチキスを外します。

雑誌を裏にして素手で外します


これで、すべて外れました。

雑誌を完全にばらした状態


雑誌を半分に分けて、ディスクカッターのDC-210Nにセットし、上下に2~3回ホルダーを動かします。

DC-210Nに雑誌をセットします


これで、裁断できました。

DC-210Nで裁断しました


残りの半分もディスクカッターのDC-210Nにセットして裁断します。

半分に分けた雑誌の残りをDC-210Nにセットします


上下に数回・・・

DC-210Nのアダプタを上下に2~3動かします


残りの裁断も完了しました。

DC-210Nで2回目分の裁断完了


これで、裁断完了です。

DC-210Nで雑誌がすべて裁断できました

時間にして3分弱といったところです。

 

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ

 
 

 

DC-210Nと他のディスクカッター比較

自炊で、本や雑誌を切断する時に使用する裁断機・ディスクカッターで有名なのがDC-210Nですが、その他に同系機種がたくさんあります。

そこで、DC-210Nと他機種のスペックを比べてみました。下記は、各ディスクカッターの仕様を比較しやすいように表にまとめました。

ディスクカッタースペック比較表
メーカー品番用紙サイズ裁断枚数価格
カールDC-210NA440枚10,912円
カールDC-220NB440枚12,233円
カールDC-230NA340枚13,396円
カールDC-200A410枚2,226円
コクヨDN-61NA340枚13,353円
コクヨDN-62NB440枚13,215円
コクヨDN-63NA440枚12,285円
コクヨDN-73A410枚3,782円
フェローズペーパーカッター A410枚3,438円
ナカバヤシNRC-N2A4BA412枚2,344円

一度の裁断枚数が40枚と10枚では価格差で3~4倍ありますが、手間を考えると40枚まで一度に裁断できる機種を選んだ方が良いと思います。

一度の裁断で40枚かつ価格が安い機種となるとやはりカールのDN-210Nがベストの選択ですね。

少し前までDC-210Nは、amazonでは13,000円近くしていましたが、最近では11,000円代に落ち着いていますので買いやすさもあると思います。


カール ディスクカッター DC-2x0Nシリーズ

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nディスクカッターの中では、自炊ユーザに人気がある、DC-2x0Nシリーズ。用紙サイズに応じ、DC-210N(A4)、DC-220N(B4)、DC-230N(A3)、と3機種あります。基本性能として裁断枚数は40枚までです。

 

コクヨ ペーパーカッター DN-6xNシリーズ

コクヨS&T ペーパーカッター ロータリー式 A4 DN-63Nカールのディスクカッターと同性能・同価格帯のDN-6xNシリーズ。デザインも何となく似てますしOEMと思ってしまう機種です。用紙サイズに応じ、DN-61N(A3)、DN-62N(B4)、DN-63N(A4)、と3機種あります。基本性能として裁断枚数は40枚までです。

 

上記2シリーズは、1度に40枚まで裁断できる機種です。下記に紹介する機種は、1度に10枚程度の裁断することができますが、本をばらす回数が増えるため自炊には向きません。

 

カール ディスクカッター DC-200N

DN-73 ペーパーカッターA4裁断幅310mmPPC用紙10枚1度にA4用紙を10枚まで切断できます。裁断枚数が少ない分、価格が安いのが特徴です。

 

 

コクヨ ペーパーカッター DN-73

DN-73 ペーパーカッターA4裁断幅310mmPPC用紙10枚上記のカール同様、1度にA4用紙を10枚まで切断できます。裁断枚数が少ない分、価格が安いのが特徴です。

 

 

フェローズ ロータリーペーパーカッター ニュートロン プラス

フェローズ ペーパーカッター ニュートロンプラス

1度にA4用紙を10枚まで切断できます。コンパクトで、替刃の種類が「直線・ミシン目・波目・折り目」と4種類あり、上記の2製品にはない特徴になっています。裁断枚数が少ない分、価格が安いのが特徴です。

 

ナカバヤシ ロータリーカッター A4 NRC-N2xxシリーズ

ロータリーカッター A4 NRC-N2A4B 低価格帯のディスクカッターでは1度にA4用紙を12枚まで切断できます(A4サイズのNRC-N2A4Bのみ。A3のNRC-N2A3とB4のNRC-N2B4は10枚まで)。

 

 

関連記事

ScanSnapで、本を電子化する24のテクニック

 
 

 

DC-210N 丸刃・替刃レビュー

ディスクカッター裁断機、DC-210Nの丸刃・替刃についてのレビューです。


DC-210Nは、丸い刃を回転させながら切断するタイプの裁断機です。

DC-210N 丸刃


DC-210Nの裁断刃は、それほど大きくなくSDカードより一回り小さいサイズです。

DC-210N 丸刃とミシン目刃


裁断刃の種類は2種類あり、1つは通常裁断で使用する丸刃と呼ばれるタイプ(右側)、もう一つは、ミシン目を紙に刻むことができるミシン目刃(左側)です。

DC-210N 丸刃とミシン目刃・替刃ケース収納


通常は、折り畳み式の収納ケースに入れて保管します。DC-210N本体に収納スペースがありますので、交換が必要なときはスムーズに取り換えることができます。

DC-210N 丸刃とミシン目刃・替刃収納ケースを開けた状態


収納ケースを開くとこのような感じになります。イメージとしてはCDケースのような感じです。

丸刃(K-28)は2枚入りで、定価630円、ミシン目刃(K-29)も2枚入りで、定価630円です。



一度に100枚以上切断できる裁断機の刃は、寿命や刃こぼれの修復などに5000円以上必要になりますが、ディスクカッターDC-210Nの場合ですと、とても安い金額で交換できます。

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ

 
 

 

DC-210N カッターマットレビュー

ディスクカッター裁断機、DC-210Nのカッターマットについてのレビューです。

DC-210N カッターマット。新品と使用中の比較


1本のカッターマットにつき、4回分使える設計になっています。片面で上下入れ替えることで左・右に2回、さらに裏返して使えるので合計4回分ということになります。

DC-210N カッターマット先端アップ


カッターマットは、先頭の部分がどうしても深い傷が出来てしまいます。これは、裁断ヘッドが先頭から切り始めるため、この部分が結果的に良く刃が当たる為です。

DC-210N カッターマット先端の方が溝が深い


溝が深いまま使用すると、刃とマットに隙間ができるため本の裁断面が汚くなりますので、注意が必要です。


 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ