So-net無料ブログ作成

Canon 一眼レフカメラ EOS 60D ファインダーのゴミ修理依頼2回

Canon 一眼レフカメラ、EOS 60Dのファインダーに、またしてもゴミ入ったため、銀座のキヤノン修理窓口で、除去してもらいました。

因みに、前回のファインダーゴミの様子は下記画像です。

 

EOS 60Dファインダー指紋・すりガラスのような模様とゴミ

 

これは、購入した時点から入っていたので、へこみました。

 

今回は、ファインダーとCMOSのセンサーにゴミが入ってしまったようです。

 

canon 60d ファインダーのゴミ修理依頼

ファインダー内に2個所と、F値を16以上にすると画像に黒点が現れる現象です。

前回、ごみ取りの時に、どの辺にゴミがあるか上手く伝えにくかったので、今回はあらかじめゴミの位置を紙に書いて持っていきました。

おかげで、スムーズに現象の確認をしてもらい良かったです。

朝の10時頃に持ち込みをして12時頃には清掃が完了しました。その間、散歩がてら日本橋の丸善まで行って、本を買いました。

 

しかし、前回購入した一眼レフカメラのEOS Kiss X5では、このようなことが一度もなかったのですが、外れの機種に当たってしまったのでしょうか・・・

レンズもこれ一本しかもってなく、つけっぱなしで、特にホコリが多い場所にも持ち込んだりしていないのですが、、、

もう、ゴミは入らないで・・・

 
 

 

Canon 60D用 ケンコー液晶プロテクター購入レビュー

キヤノン 一眼レフカメラ 60D用の液晶プロテクターを購入したのでレビューします。

60Dを購入したのは10月末ですが大切に扱うので、液晶にキズが付かないだろうと考え、同時に液晶プロテクターは購入しませんでした。

しかし、先日ふと表示パネルを見ると・・・

 

キヤノン 60D表示パネル1

傷が付いてる・・・

 

canon 60d 表示パネル2

傷が付いてる・・・ ああ。初めから液晶プロテクターフィルム買っておけばよかった(iPadの時も画面に傷が付いてから液晶保護フィルムを購入したりと、要領が悪すぎ)。

というわけで、毎度のアマゾンで、液晶プロテクターを購入しました。

 

ケンコー デジカメ用液晶プロテクター キヤノン EOS 60D 用 KLP-CEOS60Dアマゾン到着

価格が1000円というのと商品が小さいためか、日本郵便で到着。玄関ドアポストに入っていたので、レターパックライトのような扱いで送られたようです。

 

ケンコー 液晶プロテクター キヤノン EOS 60D用パッケージ表

パッケージの表側。

 

ケンコー EOS 60Dモニター用液晶保護フィルムパッケージ液晶

パッケージ表の上部拡大。表示パネルと液晶画面の2枚入りです。

 

ケンコー EOS 60Dモニター用液晶保護フィルムパッケージ表2

パッケージ表の下部。「AR反射軽減、キズ防止、汚れ、簡単貼り付け、ジャストサイズ」等の特長を表したアイコンが並んでいます。

 

ケンコー 液晶プロテクター キヤノン EOS 60D用パッケージ裏

パッケージ裏側。

 

液晶プロテクターの構成図

パッケージ裏側の上部。液晶プロテクターの構成図・素材の説明があります。

 

液晶保護フィルムの貼り方

パッケージ裏側の下部。貼り付け方の説明が書かれています。

 

ケンコー 液晶プロテクター EOS 60D付属品一覧

付属品一覧。表示パネル用、液晶モニター用の各保護フィルムと説明書の用紙が1枚あります。

 

ケンコー EOS 60Dモニター用液晶保護フィルム

こちらが、液晶モニター用保護フィルム。

 

ケンコー EOS 60Dモニター用表示パネル用

こちらが、表示パネル用保護フィルム。

 

ケンコー EOS 60Dモニター用液晶保護フィルム説明書

説明書の用紙。

 

EOS 60D 表示モニターに液晶保護フィルムを装着

まずは、上部にある表示パネルに保護フィルムを張り付けます。

 

EOS 60D 表示モニターに液晶保護フィルムを装着失敗

一度、斜めに貼ってしまい、はがして貼りなおしたら、端が少し浮くような感じになってしまいました。少し失敗です。

 

EOS 60D 液晶モニターに液晶保護フィルムを装着

続いて、液晶モニター部分の保護フィルムを張り付けます。

 

EOS 60D 液晶モニターに液晶保護フィルムを装着してはがす

張り付けた後に、シールの引っ張ります。

 

EOS 60D 表示モニターに液晶保護フィルムを装着後

液晶保護フィルムの張り付けが完了した状態。殆ど目立たず画像確認に影響がありません。

 

 

という訳で、キズが付く前に、液晶プロテクターを付けることをお勧めします。

 

関連記事

 

 
 

 

Canon EF-S18-135 ISレンズ+プロテクター購入レビュー

Canon EOS 60Dのレンズキットを購入した時に付属しているEF-S18-135 ISレンズのレビューです。

 

EF–S18–135 ISレンズを横から撮影

単三電池とEF-S18-135 ISレンズの比較。

 

EF–S18–135 ISレンズのスイッチ類

一眼レフカメラ本体に接続する箇所と、手振れ、AF・マニュアルフォーカスの切り替えスイッチ個所。

 

EF–S18–135 ISレンズ。外側

外側のレンズ部分。

 

EF–S18–135 ISレンズカメラ側

一眼レフカメラに接続する部分。

 

EOS 60D本体+EF–S18–135IS 広角側

EOS 60Dに装備した時の最小時(広角側)。

 

EOS 60D本体+EF–S18–135IS 望遠側

EOS 60Dに装備した時の最大時(望遠側)。

 

DIGITAL KING スーパースリムプロテクター 67mm EOS 60Dセット後

EOS 60Dにレンズプロテクター DIGITAL KING 67mmを装着した状態。

 

18mm~135mmまでカバーするので、これ一本あれば、ちょっとした外出や旅行などで重宝します。

18mm~55mmを使っていた時は、もう少し望遠があればいいのにと思ったことが何度もありましたが、このレンズになってからは、そのようなことが無くなり満足しています。

 

関連記事

 
 

 

Kenko PRO1 vs DIGITAL KINGレンズプロテクター比較購入レビュー

一眼レフカメラを購入した時に合わせて購入したいレンズプロテクターですが、安いものから高いものまでいろいろあります。

そこで今回、サイズ違いではありますが、やや高いKenko PRO1と安いDIGITAL KING比較してみたいと思います。

各画像はクリックすると拡大します。

 

レンズプロテクトターkenko proとdigital kingとの比較

左がDIGITAL KINGのスーパースリムプロテクター 67mm(1,500円)で、右がKenko PRO1 Digital 58mm(2,646円)。

DIGITAL KINGの方がサイズが大きいのに約1,000円も安いです。因みに、Kenko PRO1 Digitalの67mm版は2,911円です。

値段は2012年11月3日現在のAmazon価格。

 

レンズプロテクトターkenko proとdigital kingとの比較全体1

左がDIGITAL KING、右がKenko PRO1。良く見ると、照明の反射が左のDIGITAL KINGの方が目立ちます。

 

レンズプロテクトターkenko proとdigital kingとの比較全体2

レンズプロテクターの位置をずらしてみると、もう少しわかりやすい画像が取れました。

 

レンズプロテクトターkenko proとdigital kingとの比較レンズ中央アップ

中央の拡大した画像。左のDIGITAL KINGの方が反射している緑色の面積が大きく目立ちます。

 

レンズプロテクトターkenko proとdigital kingと厚さ比較

因みにDIGITAL KINGは「スーパースリム」と記載されているので、Kenko Pro1と厚さを比較してみました。

 

レンズプロテクトターkenko proとdigital kingとの厚さ比較

上の画像をトリミングしたものです確かに、DIGITAL KINGの方が薄くなっています。

 

 

というわけで、光が強く当たるような外での撮影を考えている場合は少し高価でもKenkoのPRO1シリーズの方を購入した方がいいかもしれません(今後写真を撮っていくことを考えれば1,000円の差は目をつぶれる範囲だと思います)。

透明感や画質に関しては、殆ど違いが見られませんでしたので、強い光が当たらない室内や人物撮影をメインに考えている人は、DIGITAL KINGの方でもいいかと思います。

 

関連記事

 
 

 

Canon EOS 60D EF-S 18-135 IS Kit 購入レビュー

丁度一年ぐらい前にCanon EOS Kiss X5を購入して手放しましたが、事情により一眼レフが必要になり、今回新たにEOS 60D EF-S 18-135 IS Kit を購入したのでレビューします。

同じ価格帯で、ランクが一つ上のニコン D7000と迷いましたが、以前EOS Kiss X5を使っていた時、バリアングル液晶を多用していて便利さを実感していた為、仕方なく60Dを選びました。

バリアングル搭載の一眼レフで、一番性能がいいのは60Dしか無いようですし(年末頃に発売されるDMC-GH3までは?)。

ただ、液晶表示撮影時のAFは4・5秒待たされる感じで遅いのですが、床に這いつくばったり、高い位置からの撮影とかは、AFが遅いのが耐えられるぐらいのアングルで撮影できるので仕方ないですね。

 

キヤノン EOS 60D EF-S 18-135 IS Kit パッケージ

キヤノン EOS 60D EF-S 18-135 IS Kitのパッケージ。コンパクトな箱です。

 

キヤノン EOS 60D EF-S 18-135 IS Kit パッケージを開けた様子1 

蓋を掛けると、まず保証書、マニュアルが出てきます。

 

キヤノン EOS 60D EF-S 18-135 IS Kit パッケージ2

マニュアル類を取ると、右側にEOS 60D、左に充電器などの付属品があります。

 

EOS 60D本体、付属品一式

EOS 60D本体と付属品(EF-S 18-135 ISレンズ充電器 LC-E6充電池 LP-E6・ビデオケーブル・USBケーブル・ストラップ・マニュアル・保証書・CD-ROM)。

 

EOS 60Dに付属されているビデオケーブルとUSBケーブル

インターフェースケーブルとステレオAVケーブル AVC–DC400ST。

 

ワイドストラップ EW–EOS60D

ワイドストラップ EW–EOS60D。ちょっと目立つかな。

 

EOS 60D本体

EOS 60D本体。

 

EOS 60D本体 裏側

EOS 60D本体裏側(バリアングル液晶を閉じた状態)

 

EOS 60D本体 バリアングル液晶を開いた状態

バリアングル液晶を横に開いた状態。

 

EOS 60D本体の液晶モニター

液晶にパラメーターを表示した状態

 

EOS 60D本体 上から

60Dを上から見た状態。右側に各数値が表示される液晶モニターがあります

 

EOS 60D本体 左側 MIC HDMI AV OUT端子

サイドにある端子カバー。 MIC、HDMI、AV OUT、DIGITAL端子。

 

EOS 60D本体 左側端子カバーを外した状態

カバーを外した状態。

 

EOS 60D本体 SDカードスロット側

反対側サイドには、SDカードスロットがあります。

 

EOS 60D本体+EF–S18–135IS 前上から

EOS 60DにEF–S18–135 ISレンズを装着した状態。

 

EOS 60D本体+EF–S18–135IS 裏側

本体裏側の様子。

 

EOS 60D本体+EF–S18–135IS バッテリーボックスを開けた様子

バッテリーボックスを開けた様子。

 

EOS 60D本体+EF–S18–135ISでフラッシュオープン

フラッシュを上げた様子。

 

EOS 60D本体+右上液晶モニター

電源を入れると液晶に現在の各数値(DRIVE、ISO、F、SS等)が表示されます。

 

EOS 60D本体+EF–S18–135IS シャッターボタン

シャッターボタン部分。

 

EOS 60D本体+EF–S18–135IS ダイアルボタン

ダイヤル、フラッシュボタン、レンズスイッチ。

 

EOS 60D本体 SDカードエラー

手持ちのSDカードを入れたら「カードにアクセスできません。カードの入れなおし、交換、またはこのカメラで初期化してください」の文言が出ました。カメラ側でSDカードを初期化したら正常に認識しました。

 

EOS 60D本体バリアングル手前

バリアングル液晶横開き。

 

EOS 60D本体バリアングル正面側

バリアングル液晶横開き。正面から。

 

EOS 60D本体+EF–S18–135IS液晶表示

撮影後に液晶画面に表示される様子。

 

EOS 60Dファインダー指紋・すりガラスのような模様とゴミ

ファインダー覗いたら、左上にゴミが入っていました・・・。銀座のキヤノンの修理窓口へ行って取り除いてもらいました。

 

 

以前、持っていたEOS Kiss X5と比べての感想ですが、まずグリップが非常に持ちやすくなりました。自分の手は小さい方(鍵盤のドから次のドまで届くのがギリギリ位)ですが、それでもEOS Kissはグリップが小さくて持ちにくい印象でした。

また、ファインダーの大きさも60Dの方が大きいため、とても見やすいです。他に、バッテリーが大容量のため、予備バッテリーが要らなくなったこと。Kiss X5の時は予備バッテリーを持っていましたが、60Dでは不要になりました。

また、一番は本体上部に、各数値の液晶があることですね。同じ表示は背面の液晶に表示できますが、あることですぐに数値を切り替えることが出来ます。

という訳で、重量が我慢できればKiss X5より60Dの方がお勧めです。

 

関連記事

 
 

 

EOS 5DMk3/5DMk2/6D/7D/60D LC-E6 充電器レビュー

Canon EOS 5DMk3/5DMk2/6D/7D/60Dを購入した時に付属している充電器 LC-E6のレビューです。

最新の対応状況は、キヤノンの公式サイト バッテリーパック LC-E6 でご確認ください。

 

 BATTERY CHARGER LC-E6正面とDE-A41

 

EOS 60Dに付属されている充電器 BATTERY CHARGER LC-E6と比較用に単三電池・コンパクトデジカメ DMC-LX3用のDE-A41

 

BATTERY CHARGER LC-E6横面

BATTERY CHARGER LC-E6とDE-A41。横から。

 

BATTERY CHARGER LC-E6裏面

BATTERY CHARGER LC-E6の裏側。コンセントは横向きで収容出来ます。

 

 

充電器を無くした場合や予備に一つ購入するのもいいかもしれません。

 

関連記事

 
 

 

EOS kiss X5/X6i/60D用レンズプロテクター DIGITAL KING 67mm購入レビュー

レンズプロテクター DIGITAL KING デジタルキング スーパースリムプロテクター 67mm デジタル1眼レフ専用を購入したのでレビューします。

このプロテクターは、EOS Kiss X6i/60DのEEF–S18–135 IS、EOS Kiss x6i EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM レンズキット用の67mmです。

Canon レンズスペックリンク

フィルター径の数値項目(67mm)がフィルターサイズになります。

購入は、毎度のアマゾンです。

 

amazon DIGITAL KING スーパースリムプロテクター 67mm

郵便の手渡しで届きました。段ボールのサンドイッチ簡易梱包ですが、商品が潰れないように簡易ケース付きです。

 

DIGITAL KING スーパースリムプロテクター 67mm パッケージ前

DIGITAL KING スーパースリムプロテクター 67mmのパッケージ正面。3年保障で安心の日本製です。

 

DIGITAL KING スーパースリムプロテクター 67mm パッケージ後ろ

パッケージ裏側。コーティングや画像劣化を防ぐ仕組みが書かれています。

 

DIGITAL KING スーパースリムプロテクター 67mm 付属品一覧

付属品一覧。67mmレンズ、保証書、パッケージ。

 

DIGITAL KING スーパースリムプロテクター 67mm EOS 60Dセット前

EOS 60D EF–S18–135 IS レンズキットにレンズプロテクターを取り付ける前の様子。

 

DIGITAL KING スーパースリムプロテクター 67mm EOS 60Dセット後

レンズプロテクターを取り付けた後の様子。これでキズ・ゴミからレンズを守れます。

 

DIGITAL KING スーパースリムプロテクター 67mmとEOS 60D EF–S18–135 ISのレンズキャップ

一眼レフのレンズキットに元からついていたレンズキャップもレンズプロテクターの上から問題なく付けられます。

 

DIGITAL KING スーパースリムプロテクター 67mmとEOS 60D EF–S18–135 ISのレンズキャップ2

違う角からレンズキャップを見た様子。このプロテクターはスリムなため、一部のメーカーのレンズキャップは外れやすいという話も聞きますが、キヤノンに関しては特に問題ないようです。

 

 

他社のレンズプロテクターと比べ安いので少し心配しましたが、特に問題なく使用でき安くていい買い物をしたと思いました。

 

関連記事

 
 

 

Canon LP-E6バッテリー[EOS 5DMk3/5DMk2/6D/7D/60D用]

EOS 60Dレンズキットを購入した時に付属していた充電地バッテリーLP-E6のレビューです。

LP-E6は、EOS 5DMkIII・5DMkII・6D・7D・60Dと多くの機種で採用されているバッテリーです(最新の対応機種はキヤノンの公式サイト バッテリーパック LP-E6をご覧ください)。

比較的容量が大きいバッテリーですが、旅行先で若干心配なので、安い互換バッテリーの購入も検討したいです。 

EOS Kiss X5用とEOS 60D用バッテリー比較

EOS 60Dに付属されている充電池 バッテリーパックLP–E6と比較用に単三電池・EOS Kiss X5の互換充電池 LP-E8。EOS Kiss X5と比較しEOS 60Dの撮影枚数・時間が多いためバッテリも大容量です。

 

EOS 60D用 BATTERY PACK LP-E6

バッテリーパックLP–E6の裏側。フル充電で、EOD 60Dではストロボなしで約1600枚、ストロボ50%使用で約1100枚可能です。

 

 

動画なども撮影すると結構消耗しますので一つ予備があると安心です。互換品なら価格も安いので気軽に買えますので安心料と思えば安いですね。

 
 

 

バンガード Espod 203AP 購入レビュー

室内できれいに撮影したいため、バンガードのアルミ三脚 Espod 203AP を購入したのでレビューします。

今まで、このような、1,500円程度の安い三脚を使用していました。

 

安い三脚とeos kiss x5 

が、一眼レフカメラのEOS Kiss X5の乗せると、支えきれずおじぎをしてしまうことが多々ありました。元からコンパクトデジカメ用なので、当たり前なのですが、、、

そこで、一眼レフでも耐えられるしっかりとした三脚を購入しようということで今回、Espod 203APのアルミ三脚を購入した次第です。

今回は時間的な都合があり、ヨドバシで購入。Espod 203APは、同店ランキングで2位の三脚です。

 

バンガード Espod 203AP 箱その1

このような本格的な?三脚を買うのははじめてです。

 

バンガード Espod 203APの箱その2

Espod 203APの箱にはいろいろな特徴が書かれています。

 

バンガード Espod 203APの付属品一覧

付属品一覧。三脚本体と説明書類、L型の6角レンチ。

 

バンガード Espod 203APの三脚以外の付属品

説明書(各国言語で記載)、商品札、保証書、L型6角レンチ。

 

バンガード Espod 203APのカメラを設置する台

カメラを設置する台。銀色のネジがカメラのネジ穴に入れる方で、黒く飛び出ている方はビデオカメラ用の支えだそうです。

 

バンガード Espod 203APの台からカメラ側に設置する台を取り除いた状態

カメラに設置する台を外すとこのような感じになります。三脚を使わずすぐに撮影したい時は、レバーを回すとカメラが外れるので、シャッターチャンスを逃しません。

 

一眼レフカメラに台アダプターを取り付けます

台は10円玉を使用してネジを固定します。

 

コインを使いネジを回します

このような感じで、数回回転して固定します。

 

台を設置した様子

これでEOS Kiss X5に取り付けが完了しました。

 

バンガード Espod 203APに一眼レフEOS Kiss X5を載せた状態

正面から見た、Espod 203APカメラ三脚とEOS Kiss X5。

 

カメラを垂直方向に動かすレバー

大きなレバーはカメラを垂直方向に傾けるときに使用します。

 

カメラの水平位置を合わせるレバー

手前、矢印のネジでカメラの水平位置を調節します。

 

カメラを水平回転させるためのレバー

中央のレバーを回すと水平方向に回転移動できます。

 

エレベーターを上げるときに回すレバー

三脚のてっぺんにあるレバーはエレベーターの高さを調節する時に使用します。

 

エレベーターを上げた状態

エレベーターを上げるとこのようになります。

 

水平確認装置

三脚のてっぺんには、水平状況を確認できる装置がありますので、傾き具合が調節できます。

 

カメラを吊るして地面に近付けて撮影する部分

三脚の足の中央にあるフックにカメラを設置して、地面に近付けて撮影することも出来ます。

 

三脚の足の固定レバー

三脚の足を伸ばすときは、レバー開きます。

 

三脚の足の固定レバーを閉めた時

伸ばした後は、このように畳む感じで押し込みます。

 

バンガード Espod 203APの三脚足の先端

三脚の足の部分。ゴムで出来ていて滑りにくくなっています。



※アマゾンではワンランク上のバンガード Espod Plus 203APしか扱っていたなったので。そちらをご紹介します(上の商品で一番左側の三脚)。

しっかりした三脚なので、重量がある一眼レフのEOS Kiss X5でも安定して撮影できるようになりました。特に暗い室内撮影では、シャッタースピードを遅くして撮影しますので、大活躍です。

 
 

 

Canon EF-S18-55 ISレンズ+プロテクター購入レビュー

Canon EOS Kiss X5のレンズキットを購入した時に付属しているEF-S18-55 ISレンズのレビューです。

 

eos_kiss_x5-13.jpg

外側のレンズ部分。「CANON ZOOM LENS EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS II」の文字が書かれています。

 

eos_kiss_x5-14.jpg

一眼レフカメラに接続する部分。

 

eos_kiss_x5-19.jpg

EOS Kiss X5にEF-S18-55 ISレンズを取り付けた様子。コンパクトで持ち運びやすいです。

 

 

EOS Kiss X5にKenko 58S PRO1D プロテクター(W)ワイド装着

EF-S18-55 ISレンズにレンズプロテクター Kenko PRO1 58mmを取り付けた様子。これで高価なレンズをキズやゴミから守れます。

 

 

18mm~55mmの範囲では料理や子供を撮る時に丁度いいレンズです。なによりコンパクトで軽いので、気軽に持ち歩けるのがいいです。室内や散歩のときに重宝するレンズだと思います。

 

関連記事