So-net無料ブログ作成
検索選択

オーディオブック・朗読CDもロスレスでリッピングすることに

突然ですが、小説が苦手です。冗談抜きで1~2ページ読んだだけで、我慢の限界に達しギブアップします。

しかし、出来る上司や知り合いの話を聞くと、小説は読んだ方がいいとよく言われます。

言葉や感情の表現などの勉強になるんだとか。

そこで、オーディオブック(小説を朗読した)CDを移動中に聞き流せばいいかもと思い、オーディオブックのCDをリッピングすることにしました。

ここで、悩むのがリッピングする際の保存形式です。以前、音楽はロスレスに統一することを決めた経緯を書きましたが、スマホにたくさん詰め込むことと、音声のみなら256kでもいいかな思ってました。 

ただ、後から後悔するのはイヤということと、音声のみならロスレスでも圧縮率が高くデータが小さく済むのではないかと思い、aac 320k、mp3 256k、alac(ロスレス)で、リッピングしてデータサイズの比較をしてみました。

 

aac 320k、mp3 256k、alac(ロスレス)で、リッピングしてデータサイズの比較 

上から3つが各リッピングしたデータです。

おお、やっぱり音声のみだとロスレスでもかなり圧縮が効いてデータが小さくなります。mp3 256kは30MB、aac 320kは37MB、ALAC(ロスレス)は38MBです。

音楽をリッピングしたaacとロスレスでは2~3倍のデータ量の差が出るのに対し、音声のみではそれ程、差が出ません。下にある分数が短いロスレスの音楽データとサイズ比較すると、どれだけ圧縮率が効いているか分かりますね。

と、いうことでオーディオブックもロスレスで保存することにしました。 

 

追記

iphoneでalacのオーディオブックを再生

オーディオブックって、本の朗読なので1本あたりの再生時間が長く、途中で再生を止めても、止めた位置から再生できる、レジューム機能が必須です。

そこで、WindowsのiTunesとipodに転送し、両方で再生位置が記憶されるか確認しましたが大丈夫のようです。

これで、AACの音声圧縮データより、少し大きいだけのロスレスで、安心してオーディオブックが聞くことが出来ます。 

 
 

nice!(1)  コメント(0) 
 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント