So-net無料ブログ作成

ipohone/ipod touch向けおすすめPDFビューアーbookman Lite

ipohone/ipod touch向けの動作が軽く快適に動くPDFビューアーのbookman LITEのレビューです。

ScanSnapの自炊ユーザーでは、カラー/グレーモードは300dpi、白黒モード600dpi(スーパーファイン)で読み取りをおこなっている人が多いと思います。

これらのPDFは、PCではそれ程動作が遅いということはありませんが、スマートホンやタブレット型端末では荷が重く動作が遅くなる傾向があります。

そこで、apple以外が制作したPDFリーダーで動作が速いbookman LITEを試してみました。

その前に本家appleのPDFリーダーiBooksでPDFを見た場合です。使用するPDFデータは、表紙がフルカラー300dpi、本文が白黒600dpi、データサイズは約25MBです。

 


右端の全画面アイコンクリックすると大きいサイズ見られます

ページを移動するとぼんやりした状態から徐々に鮮明に表示されていく感じです。

次に、同じPDFデータを使用して、bookman LITEで表示してみます(PDFは170ページまで最適化済)。

 


右端の全画面アイコンクリックすると大きいサイズ見られます

ibooksに比べページ表示にタイムラグがなくスムーズに表示されます。

bookman LITEは、最適化という機能がありPDFデータを使用するiPhone、iPod touch、iPadの解像度に合わせて画像を最適化してキャッシュとして保存します。

bookman最適化中

詳細は書かれていませんが、例えば600dpi画像データが含まれているPDFの場合、端末の解像度が300dpiであれば画像を縮小させてデータを小さくし、表示時の負担減らしすことで素早いページ表示を行っていると思います。

この方法の欠点としては、初回に最適化処理が必要で時間が掛かることと、キャッシュとして保存するため本体のメモリを消費する2点が上げられます。最適化は自動で行われることと、キャッシュでメモリ消費する件それ程気になりませんでした。

因みに本を選ぶときの見出しの比較も行いました。

apple純正PDFリーダーのibooks

iphone、ipad、ipod touch、ibooks

bookman LITE

iphone、ipad、ipod touch、bookman

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifipod touch 4Gで自炊(本を電子化)した文庫を試す

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ