So-net無料ブログ作成

新しいiPad3+Bookman Pro for iPadアプリで自炊PDF

新しいiPad3で、PDFリーダーBookman Pro for iPadアプリでの自炊PDFレビューです。

Bookman Pro for iPadはiTunesアプリから有料でダウンロードが出来ます。

まず、iPadへPDFを転送する方法はiTunesを介して行います。iPadはあらかじめPCにUSB又はWifi接続しておきます。

itunesを使ったbookmanへのPDF転送

画像クリックで拡大できます。

1.右側デバイスより「iPad」をクリックします。
2.上にある「App」を選択してページを下へスクロールします。
3.Appの項目より、「Bookman」を選択します。
4.右側にある、「Bookmanの書類」へ転送したい自炊PDFファイルをドラッグします。

 

Bookman Pro for iPadで転送したファイルを削除する方法

PDFファイルの削除方法はitunesの書類からファイルを選びキーボードのDELキーを押します

削除したいファイルをクリックして、キーボードの「DELキー」を押すと削除できます。「Ctrlキー」を押しながら複数のファイルをクリックすると、一度に削除できます。

また、並んでいるファイルを一度に削除したい場合は、先頭のファイルを通常クリックし後尾のファイルを「Shiftキー」を押しながらクリックすると一括選択できます(上記例ですと、計画力~.pdfのファイルをクリック、一番下のゲーム~.pdfをshiftキーを押しながらクリックで一括選択)。

 

Bookman Pro for iPadの起動画面です。

Bookman Pro for iPadの起動画面

表紙一覧の他に、左上のアイコンタッチでリスト表示も可能です。

 

本棚を開いた様子

下の左から1つ目のアイコンが、本棚の切り替えを行うポップです。目的別にフォルダが作成できます。

 

ブックマークを開いた様子

下の左から2つ目のアイコンが、ブックマークをした棚のリストです。本のタイルとをクリックすると、該当ページのリストが表示されます。

 

ブックマークの書籍別を開いた様子

ブックマークの機能は殆どのPDFリーダーにありますが、起動画面でワンクリックでブックリークした書籍の一覧が分かるのは、Bookmanぐらいしか無くとても便利です。

 

履歴を開いた様子

下の左から3つ目のアイコンが、履歴表示です。複数の本を同時に読んでいる場合、いちいち本棚から本を選ぶ必要がないため、とても便利です。この機能もBookmanぐらいしか無く、ぜひ他のPDFリーダーも対応してもらいたいです。

 

webの参照先選択ポップ

下の左から4つ目のアイコンが、Webサービスメニューです。DropboxやJコミなどと連携・PDFが見ることが出来ます。

 

設定ポップ(画面の明るさ変更等)

下の左から5つ目のアイコンが、設定メニューで、「画面の明るさ・回転のロック・関連・ブックマーク・履歴・Web・外観・パスワードロック・FTP・キャッシュ」などが設定できます。

bookmanのPDF表示部分。ラインなどが引ける

PDF表示画面では、3種類の太さから選んでラインが引けます。引いたラインは消しゴムで一部消すことも出来ます(一番左側ピンクのラインは2個所消した例です)。

 

ページプレビューの様子

ページの一覧は画面下に表示されます。

 

検索と結果画面

OCR済のPDFであれば、文字検索も可能です。検索に該当した文字はイエローのマーキングが付きます。

 

bookmanの設定画面

設定画面では、PDF表示エリアの明るさ・輝度が調節できるほか、「回転のロック・ポートレート・ランドスケープ・ページ方向・表紙付き・観覧時の設定」等が指定できます。

 

観覧時の設定

観覧時の設定画面。「ポートレート・回転のロック・ポートレート・ランドスケープ・ページ方向・表紙付き・観覧時の設定」等が指定できます。

 

動画によるBookman 自炊PDFレビュー


再生ボタンを押すと動画が始まります(フルHDで再生すると文字の具合がわかりやすいと思います)。

追記 2012年11月
新iPad(第4世代/2012年11月版)が発売され前世代に比べ処理速度が約2倍になりました。データー量の大きい自炊したPDFでも、ある程度快適に使えるようになったと思います(Youtubeに掲載した動画は第3世代ですので、それよりも速く動く思います)。


Bookmanでは、カラー(300dpi)の場合、表示まで3秒程、白黒(600dpi)の場合は2秒程待ちます(キャッシュオフの時)。このアプリはキャッシュ機能があり、一度全ページのキュッシュ化が済んでしまうと、高速に表示されます。ただキャッシュの分どのくらいか分かりませんが容量をとりますので、ストレージ容量が少ない機種・大量の本をキャッシュ化する場合は注意が必要です(キャッシュを使用するかは切り替えが出来ます)。

 

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ

ico_arrow26r_1.gifiPad ブルーライトカットフィルムTB-A12FLBLG購入レビュー

 
 

 

Facebook コメント