So-net無料ブログ作成

DC-210Nと他のディスクカッター比較

自炊で、本や雑誌を切断する時に使用する裁断機・ディスクカッターで有名なのがDC-210Nですが、その他に同系機種がたくさんあります。

そこで、DC-210Nと他機種のスペックを比べてみました。下記は、各ディスクカッターの仕様を比較しやすいように表にまとめました。

ディスクカッタースペック比較表
メーカー品番用紙サイズ裁断枚数価格
カールDC-210NA440枚10,912円
カールDC-220NB440枚12,233円
カールDC-230NA340枚13,396円
カールDC-200A410枚2,226円
コクヨDN-61NA340枚13,353円
コクヨDN-62NB440枚13,215円
コクヨDN-63NA440枚12,285円
コクヨDN-73A410枚3,782円
フェローズペーパーカッター A410枚3,438円
ナカバヤシNRC-N2A4BA412枚2,344円

一度の裁断枚数が40枚と10枚では価格差で3~4倍ありますが、手間を考えると40枚まで一度に裁断できる機種を選んだ方が良いと思います。

一度の裁断で40枚かつ価格が安い機種となるとやはりカールのDN-210Nがベストの選択ですね。

少し前までDC-210Nは、amazonでは13,000円近くしていましたが、最近では11,000円代に落ち着いていますので買いやすさもあると思います。


カール ディスクカッター DC-2x0Nシリーズ

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nディスクカッターの中では、自炊ユーザに人気がある、DC-2x0Nシリーズ。用紙サイズに応じ、DC-210N(A4)、DC-220N(B4)、DC-230N(A3)、と3機種あります。基本性能として裁断枚数は40枚までです。

 

コクヨ ペーパーカッター DN-6xNシリーズ

コクヨS&T ペーパーカッター ロータリー式 A4 DN-63Nカールのディスクカッターと同性能・同価格帯のDN-6xNシリーズ。デザインも何となく似てますしOEMと思ってしまう機種です。用紙サイズに応じ、DN-61N(A3)、DN-62N(B4)、DN-63N(A4)、と3機種あります。基本性能として裁断枚数は40枚までです。

 

上記2シリーズは、1度に40枚まで裁断できる機種です。下記に紹介する機種は、1度に10枚程度の裁断することができますが、本をばらす回数が増えるため自炊には向きません。

 

カール ディスクカッター DC-200N

DN-73 ペーパーカッターA4裁断幅310mmPPC用紙10枚1度にA4用紙を10枚まで切断できます。裁断枚数が少ない分、価格が安いのが特徴です。

 

 

コクヨ ペーパーカッター DN-73

DN-73 ペーパーカッターA4裁断幅310mmPPC用紙10枚上記のカール同様、1度にA4用紙を10枚まで切断できます。裁断枚数が少ない分、価格が安いのが特徴です。

 

 

フェローズ ロータリーペーパーカッター ニュートロン プラス

フェローズ ペーパーカッター ニュートロンプラス

1度にA4用紙を10枚まで切断できます。コンパクトで、替刃の種類が「直線・ミシン目・波目・折り目」と4種類あり、上記の2製品にはない特徴になっています。裁断枚数が少ない分、価格が安いのが特徴です。

 

ナカバヤシ ロータリーカッター A4 NRC-N2xxシリーズ

ロータリーカッター A4 NRC-N2A4B 低価格帯のディスクカッターでは1度にA4用紙を12枚まで切断できます(A4サイズのNRC-N2A4Bのみ。A3のNRC-N2A3とB4のNRC-N2B4は10枚まで)。

 

 

関連記事

ScanSnapで、本を電子化する24のテクニック