So-net無料ブログ作成
検索選択

コンクールFとジェルコートFを購入レビュー

普通の人にはあまり知られていませんが、早い人は20代から歯を失う原因の第一位の歯周病になります。歯周病予防するには正しい歯磨きを行うことです。

そこで、歯科医師やネットで評判の「ジェルコートF(歯磨き剤)」と「コンクールF(マウスウォッシュ(洗口液)」)を購入して、試してみました。

このジェルコートFとコンクールFは、歯科医院を中心として売られている商品ですが、一部の東急ハンズ・ロフト・アマゾンでも購入することができます。

コンクールF、アマゾンで2位

因みに、アマゾンでは売り上げランキング2位になってます。

コンクールFとジェルコートFの表

左が「コンクール ジェルコートF」、右が「コンクールF」

コンクールFとジェルコートFの裏側

左が「コンクール ジェルコートF」、右が「コンクールF」の裏側

まず、マウスウォッシュ(洗口液)のジェルコートFからレビューです。

コンクールFの原液

コンクールFは、口の中の滅菌して「虫歯や歯周病、歯槽膿漏、口臭」の予防をします。

口をすすぐタイプなので歯ブラシでは届きにくい歯と歯の隙間まで液体が行き渡り細菌を流すことができます。

効果は長く約12時間持続しますので、就寝中の細菌増殖を抑える効果に期待できます(これをしたからといって歯磨きをしなくていいわけではなくあくまで補助的な扱いです)。

使い方は、コップに1/4程度まで水を入れて10滴程度たらすだけです。

コンクールFの原液を薄めた状態

口に含んだ時の感想は、においはハッカに似たような香りがし、味はすっきり・さっぱりします。リステリンやモンダミンのような極端な辛さ・刺激はないので、そのような刺激が苦手な人にもお勧めです。

使い方によりますが、1ボトルで400~700回程度使えるので、モンダミンやリステリン、ガムデンタルリンスと比べ圧倒的にコストパフォーマンスがいいです。

しかも、先程書いたように歯科医師やネットではコンクールFの方が評価が高いので、洗口液を探している人はこちらをお勧めします。

つづいて、コンクール ジェルコートFです。

コンクール ジェルコートFを歯ブラシに付けた状態

コンクール ジェルコートFは、「フッ素配合による歯の再石灰化と殺菌剤配合で虫歯、歯周病の予防」する歯磨き剤です。

ジェル状で、研磨剤が入っていないため、電動歯ブラシ・音波歯ブラシでも安心して使えます。

ただ、ジェルコートFは、歯が茶色くなる傾向があります。ですので、定期的に歯石除去やPMTCを行って歯を綺麗に保っている人向けのような気がします(または、普通の歯磨き粉と交互に使うなど…)。

コンクール ジェルコートFは、通常の歯磨き粉と比較して価格が高めですが、殺菌作用などで歯周病予防が出来るのであれば高くないと思います。