So-net無料ブログ作成
検索選択

DC-210Nで表紙が硬い単行本を裁断する手順

ディスクカッターのDC-210Nで、単行本を裁断する手順について書いてみます。


裁断する本は、単行本のハードカバーというのでしょうか。硬い表紙のタイプです。

DC-210Nで、単行本を裁断


カバーを外します。

DC-210Nで、単行本ハードを裁断


参考までに、上が今回、裁断する表紙が硬いタイプで、下が柔らかいタイプ。

単行本でもハードカバーとソフトの違い


まず、硬い表紙をカッターで取り除きます。

表紙とつながっている部分を切断する


この部分はカッターのみで、スパッと切り落とします。

表紙と本分をカッターで分離する


切り落とし後の、カバーと本文。

カバーと本分を分離した状態


カバーが硬い本は、上下の背表紙位置に布がありますので、手で取り除きます。

本分の布?を取ります


本文を約40枚ごとに分け切っていきます。

本文を裁断していきます


一回で切ろうとせず、2回なぞるようにすると綺麗に分け切れます。

本文を裁断完了


この本は、4つに分けることになりました。

本文は4つに分けました


ディスクカッターのDC-210Nに分けた本文をセットします。

DC-210Nにセットします


この単行本はDC-210Nのメモリ12cmの位置が丁度いいようです。

単行本はDC-210Nのメモリ12センチの位置がいいようです


DC-210Nは、透明なアクリル板が裁断位置ラインの目安になります。

DC-210Nの裁断位置はこのように確認します


裁断後の様子。綺麗に切れるのでscansnapでスキャンした時に、裁断面から粉が殆どなく汚れません。カッターと定規で裁断していた頃はよく裁断面から出る粉に悩まされました。

DC-210Nで裁断した様子


これで、裁断完了です。時間にして約5分といったところです。

DC-210Nで単行本の裁断完了

 

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ