So-net無料ブログ作成
検索選択

新しいiPad3+Adobe Readerアプリで自炊PDF

新しいiPad3で、Adobe製のPDFリーダーReaderアプリでの自炊PDFレビューです。

Adobe ReaderはiTunesアプリから無料でダウンロードが出来ます。

まず、iPadへPDFを転送する方法はiTunesを介して行います。iPadはあらかじめPCにUSB又はWifi接続しておきます。

Adobe Readerへitunesを使ってPDFを転送する

画像クリックで拡大できます。

1.右側デバイスより「iPad」をクリックします。
2.上にある「App」を選択してページを下へスクロールします。
3.Appの項目より、「Adobe Reader」を選択します。
4.右側にある、「Adobe Readerの書類」へ転送したい自炊PDFファイルをドラッグします。

 

Adobe Readerで転送したファイルを削除する方法

PDFファイルの削除方法はitunesの書類からファイルを選びキーボードのDELキーを押します

削除したいファイルをクリックして、キーボードの「DELキー」を押すと削除できます。「Ctrlキー」を押しながら複数のファイルをクリックすると、一度に削除できます。

また、並んでいるファイルを一度に削除したい場合は、先頭のファイルを通常クリックし後尾のファイルを「Shiftキー」を押しながらクリックすると一括選択できます(上記例ですと、計画力~.pdfのファイルをクリック、一番下のゲーム~.pdfをshiftキーを押しながらクリックで一括選択)。

 

Adobe Acrobatの起動画面です。

iPad Adobe Readerで自炊PDFを表示トップ画面

PDFファイル選択画面は。リスト表示のみのシンプルな構成です。

 

iPad Adobe Readerで自炊PDFを表示中

自炊のPDFを表示した様子。下にあるバーを動かすことでページ移動します。

 

iPad Adobe Readerで自炊PDFを本文検索

PDFを検索した様子。下にあるボタンで、検索結果の場所を前後移動します。

 

iPad Adobe Readerで自炊PDF書き込み中

PDFにいろいろ情報を書き込みした様子。左側の赤いラインがフリーハンド機能で、マジックのように好きな書き込みが出来ます。右側の黄色いラインはマーカー、吹き出しのようなアイコンは注釈(メモ)です。

 

iPad Adobe Readerで自炊PDFにメモを書き込む

このように任意のページに・位置にメモを貼り付けることが出来ます。

 

動画によるAdobe Reader 自炊PDFレビュー

再生ボタンを押すと動画が始まります(フルHDで再生すると文字の具合がわかりやすいと思います)。

追記 2012年11月
新iPad(第4世代/2012年11月版)が発売され前世代に比べ処理速度が約2倍になりました。データー量の大きい自炊したPDFでも、ある程度快適に使えるようになったと思います(Youtubeに掲載した動画は第3世代ですので、それよりも速く動く思います)。


Adobe Acrobatでは、カラー(300dpi)の場合、表示まで5秒程、白黒(600dpi)の場合は2~3秒程待ちます。文章中心の白黒でスキャンした自炊PDFでは、多少我慢すれば読める動作をしてくれます。

iBooksより若干重い印象を受けますが、フリーハンド・メモ・マーカーなどPDFに書き込みが出来ることもメリットです。


 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ

ico_arrow26r_1.gifiPad ブルーライトカットフィルムTB-A12FLBLG購入レビュー

 
 

 

Facebook コメント