So-net無料ブログ作成

新しいiPad3+iAnnotate PDFアプリで自炊PDF

新しいiPad3でiAnnotate PDFアプリでの自炊PDFレビューです。

iAnnotate PDFはiTunesから有料でダウンロードが出来ます。

まず、iPadへPDFを転送する方法はiTunesを介して行います。iPadはあらかじめPCにUSB又はWifi接続しておきます。

iannotateへPDFを転送

画像クリックで拡大できます。

1.右側デバイスより「iPad」をクリックします。
2.上にある「App」を選択してページを下へスクロールします。
3.Appの項目より、「iAnnotate PDF」を選択します。
4.右側にある、「iAnnotate PDFの書類」へ転送したい自炊PDFファイルをドラッグします。

 

iAnnotate PDFで転送したファイルを削除する方法

PDFファイルの削除方法はitunesの書類からファイルを選びキーボードのDELキーを押します

削除したいファイルをクリックして、キーボードの「DELキー」を押すと削除できます。「Ctrlキー」を押しながら複数のファイルをクリックすると、一度に削除できます。

また、並んでいるファイルを一度に削除したい場合は、先頭のファイルを通常クリックし後尾のファイルを「Shiftキー」を押しながらクリックすると一括選択できます(上記例ですと、計画力~.pdfのファイルをクリック、一番下のゲーム~.pdfをshiftキーを押しながらクリックで一括選択)。

 

iAnnotate PDFの起動画面です。

iAnnotate PDF起動画面

iAnnotate PDFはPDF対して、ライン(マーカー)や注釈(メモ)など様々な情報が書き込みできるPC版のAdobe Acrobatのような機能を持ったアプリです。上の画像は起動画面。

 

注釈付きPDFのみを表示

こちらは、注釈をつけた本だけを表示した状態。書き込みなどをしたPDFを一発で検索できるので便利です。

 

PDF閲覧・書き込み中の画面

PDF表示画面。注釈(メモ)や、文字をそのまま書き込みしたり、ラインマーカー(フリーハンド)なども可能。ただ、縦書きに対応していないので、ラインマーカーはOCRした文字に沿って文字ではなく、フリーのマーカーで付けることになります。

 

サイドにページレビューを表示した様子

ページ一覧の様子。プレビュー表示されるので、ページが探しやすいです。

 

サイドに注釈した項目の一覧

ハイライトや文字を記入した個所のリスト表示されるので、附箋代わりになり便利です。

 

検索した結果一覧

横書きの検索も日本語で検索できますが、縦書き検索は対応していません。

 

ツールバーの操作ヘルプ

サイドにある操作バーの説明画面。

 

ツールバーの編集画面

操作バーには様々な種類のコマンドが用意されています。

 

セキュリティ設定関連

企業や様々なところで利用されているPDFファイルを扱うだけあり、セキュリティ関連も充実しています。

 

観覧設定画面

関連の設定では、PDF表示エリア内だけ明るさを変更も可能で自分の好みの明るさに調節できます。

 

動画によるiAnnotate 自炊PDFレビュー

再生ボタンを押すと動画が始まります(フルHDで再生すると文字の具合がわかりやすいと思います)。

追記 2012年11月
新iPad(第4世代/2012年11月版)が発売され前世代に比べ処理速度が約2倍になりました。データー量の大きい自炊したPDFでも、ある程度快適に使えるようになったと思います(Youtubeに掲載した動画は第3世代ですので、それよりも速く動く思います)。

iAnnotateでは、カラー(300dpi)の場合、表示まで2秒程、白黒(600dpi)の場合は1.5秒程待ちます。検索文字などは横書きにしか対応していない為、電子書籍リーダーというよりかは、横書きのテキストPDFで、ラインやマーカーを使いガッツリ勉強するツールとして使った方がいいかと思います。

 

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ

ico_arrow26r_1.gifiPad ブルーライトカットフィルムTB-A12FLBLG購入レビュー

 
 

 

Facebook コメント