So-net無料ブログ作成
検索選択

スペース・予算で決める、自炊に必要な機材おすすめリスト

自炊が普及してきたとはいえ、ドキュメントスキャナは3万円代と比較的高価ですし、スキャンするために本をばらす裁断機も高価です。

自炊に必要な機材おすすめリスト

そこで、予算や生活環境に合ったスキャナと裁断機の組み合わせを紹介します。

価格帯は3~6万円になりますが、収納制限のない本棚を手に入れる思えば、購入を踏みきってもいい時期かなと思います。

 

予算…8万円代 最強セット


大量に本をスキャンする人向けの「最強セットです」。最新版のScanSnap iX500と裁断能力が20%アップしてコンパクトに収納できるPFUの裁断機で、素早く本の電子化ができます。ハードカバー本を裁断する時は、解体が必要なため、カッターとカッターマットも用意するといいです。

 

 

予算…4万円代

手持ちの本を電子化したら、後は月に数冊程度の自炊を考えている方に、お勧めするコストパフォーマンスがいいセットです。裁断機が簡単な構造と合わせ中国製のため低価格で販売されています。

裁断機の品質に関した意見で、「刃に油が沢山付着して臭う(拭いて数日置けば大丈夫)、裁断面が垂直ではなく若干斜めになる」などありますが、スキャンにはそれほど影響ないようです。

 

予算4万円代

「安全を重視しつつコストを押さえたい人」の向けのセットです。自分もこのDC-210Nとの組み合わせで、自炊をしています。

裁断機の刃が上記の機種と違い露出せず、裁断面に指が入りにくい構造の為、お子さんがいる家庭でも安心できる組み合わせです。

但し、一度に裁断できる枚数が40枚と限られているため本を分割する割合が多くなり若干手間がかかります。

 

予算3万円代

「コストを極力抑えたい人」向けのセットです。裁断をロータリーカッターで行うことで、裁断機代を節約できます。また、裁断機の保存スペースを取りたくない人にも向いています。

費用は掛かりますが、現在ある書籍は裁断専門店に送付して裁断してもらい、今後購入する本からは自分で行うのもひとつの方法だと思います。

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ