So-net無料ブログ作成

makita CL102DWコードレスクリーナー購入レビュー

マキタのコードレスクリーナー・掃除機 CL102DWを購入したのでレビューします。

充電時間が短くパワフルなCL142FDRFWと迷いましたが、うちはフローリングが主なためCL102DWでも十分と思いこちらを購入しました。

マキタと聞いて、どこの会社?と感じた人もいるかと思いますが、メインは電動ドリルなどを製造している工具メーカーです。

主に業務用として販売されており、駅構内や新幹線の清掃でマキタの掃除機が良く使われています。

そのため、実用的で使い勝手がいいですが、デザイン性があまりありません。(^^;

また、クリーナー・掃除機で使用する充電池は、電動ドリルで使用する充電池と互換性があり、両方で使うことができます。工事現場で使用する時に便利ですね。

 

では、充電式クリーナCL102DWのレビューを行います。

 

CL102DWの外箱

こちらが、CL102DWの箱です。ホースなどは組み立て式のためコンパクトです。

 

CL102DWの外箱を開けた様子

箱を開けると、このような感じで本体・付属品が入っています。

 

CL102DW本体と充電池・ホース・紙パックなど付属品一覧

CL102DW本体、リチウムイオンバッテリー BL1013、充電器DC10WA、紙パック 10枚入り A-48511、ストレートホース、ノズル、サッシ(すきま)ノズル、説明書が付属。

 

紙パック A-48511とダストパック

ゴミが溜まるパックは2種類あり、一つは繰り返し使えるダストパック、もうひとつは、紙パックのA-48511。

CL102DW本体に装着する時は、どちらもオレンジ色のゴミストッパーを取り付ける必要があります。

 

CL102DW用紙パックA-48511

紙パック A-48511のサイズ比較用に単三電池と撮影。結構コンパクトです。

 

紙パックA-48511のゴミ挿入口

紙パックのゴミ入口側。イメージ的には、集じん容量が330mLなので350mlの紙パックの飲みものを2回り小さくしたイメージです。

 

紙パックA-48511とゴミストッパー裏側

紙パックとオレンジ色のダストストッパー。これを紙パックに装着して使用します。

 

紙パックA-48511にゴミストッパーを取り付けた様子

紙パックにダストストッパーを装着した様子。この状態で、本体に取り付けます。

 

紙パックA-48511をCL102DWに取り付けた様子

こちらがCL102DW本体に紙パックを装着した様子。

 

CL102DW用バッテリー BL1013(A-48692)の表

続いて充電池 BL1013。DC10.8V、1.3Ah 14Wh。リチウムイオン(Li-ion)なので、小型で軽く、継ぎ足し充電も可能です。

 

CL102DW用バッテリー BL1013(A-48692)の裏側端子部分

充電池の端子部分。プラスとマイナス極の2端子。

 

リチウムイオンバッテリーを外した様子

本体の後ろ側にある部分に充電池を挿入します。

 

リチウムイオンバッテリ BL1013(A-48692)をCL102DW本体に装着した様子

充電池を挿入するとこのような感じになります。

 

バッテリBL1013充電器のDC10WA

付属充電器のDC10WA。比較用に単三電池と撮影。充電池に対して結構大きめな印象です。

 

充電器のDC10WAにバッテリBL1013を入れた状態

充電器にバッテリーBL1013を取り付けた様子。充電池の形状は縦長なので、充電器本体に差し込む感覚です。充電時間は50分です。

 

SANYO充電クリーナーNPC-E25とマキタのCL102DW比較

CL102DW本体と今まで使用していたサンヨーのコードレスクリーナーNPC-E25との比較。一回り大きいサイズです。

 

サンヨーNPC-E25と動作音を比較してみました。結果はそれほど違いがありませでした。

 

CL102DWのダストボックスのカバーを開けた様子

ゴミを交換する時は、本体先端にあるプッシュボタンを押すと蓋が開きます。

 

CL102DWのスポンジフィルタ

紙パックを設置する奥には、スポンジフィルターがあります。

 

CL102DWのスポンジフィルタを外した様子

スポンジフィルターを取り外した状態。風を吸い込むファンが見えます。

 

CL102DWのフロントカバーを外した様子

フロントカバーにはゴムパッキンがあり気密性を高めています。

 

CL102DWの手元スイッチ

手元にある電源スイッチ。上部のHIGH/LOWを押すとスイッチが入ります。1回目の押しでHIGH(強)、2回目の押しでLOW(弱)、OFFで電源が切れます。

 

CL103DWのノズル

ゴミを吸い取るノズル部分です。横幅サイズは22センチとコンパクトです。

 

CL103DWのノズルと単三電池比較

ノズルの高さ比較用に単三電池と撮影。約6センチで、高さが無いスペースに入れて清掃が可能です。

ただ画像のとおり、ノズルとパイプの角度があるため、奥に行くほど高さを必要とします。

 

ノズルに対して90度角度を付けた様子

このようにノズルに対して本体を90度回転させることで、ノズルとパイプが水平になり、高さが無い奥まで入り込んで清掃が出来ます。

 

CL103DWのノズルの裏側

ノズルの裏側。前方が吸い込み口で、中央にある黒いラインがゴムになってまいす。丁度車のワイパーのようにゴミをかき集めて吸い込む仕組みになっています。

 

CL103DW本体にストレートパイプノズルを装着した様子

本体にノズル、ストレートパイプ、すきま(さっし)ノズルを装着した様子。立てた時の長さが約98センチ。手元のハンドル部分の中央までが90センチです。

 

CL103DWのサッシ(すきま)ノズル

サッシ(すきま)ノズルは、パイプのどの位置にでも移動できます。

 

CL103DWのサッシ(すきま)ノズルを外した状態

必要が無ければ取り外しも可能です。

 

 

今までドライシートを使って清掃していましたが、シートにゴミが絡むだけなので完全に綺麗になるわけではなかったですが、今回の掃除機は吸い込みタイプのため良くゴミが取れます。

1度部屋を掃除して紙パックの中を見たらホコリや髪の毛が結構取れていて、部屋がきれいになったことを実感しました。

もし絨毯や短時間で充電したい、パワフルに吸い込みたいと考えてている方は、この機種のワンランク上のCL142FDRFW をお勧めします。充電時間が20分、標準モードで40分連続使用などバッテリーが強化されています。

 
 

 

Facebook コメント