So-net無料ブログ作成

川崎市中原図書館が2013年4月に移転

武蔵小杉駅近くにある中原図書館が12月28日の17時で閉館(休館)し、来年の2013年春頃に駅前に出来る商業ビル5~6階に移転します。

※新しいビルは、以前小杉フロムという「カメラ、電気、ゲーム、スポーツショップ」などが入店していた商業ビルの跡地です。

新しい中原図書館は、南武線・東横線駅口から徒歩1分と近く、面積も現在の1.8倍となり、川崎市で最大の図書館になります。

2012年現在の川崎市図書館の各データ *1

館名蔵書数閲覧席延床面積(㎡)
大師分館51,00010265
田島分館46,00012203
川崎図書館181,000281,179
幸図書館166,00053873
日吉分館36,00013245
中原図書館326,0001432,419
新中原図書館450,000200 *24,500
高津図書館259,0001322,196
橘分館42,00015247
宮前図書館261,000881,448
多摩図書館262,000831,725
菅閲覧所35,00046348
麻生図書館211,000741,346
柿生分館 *339,00044391
合計 *42,039,000 79814,966

*1 平成22・23 年度 川崎市立図書館協議会研究活動報告書PDF P17-18より引用。*2 平成22・23 年度 川崎市立図書館協議会研究活動報告書PDF P19によると座席数は200~240となっているので最低数を選択。*3 柿生小学校内の学校図書室と併設で、学校図書室分を含む。 *4 中原図書館分はカウントから省いています。

新しい更に、自動貸し出し機や自動書庫、無断持ち出し防止装置などの導入で、より使いやすい図書館になりそうです。

 

関連リンク

 

関連記事

 

 
 

 

Facebook コメント