So-net無料ブログ作成
検索選択

ニューバランス東京で足のサイズを測定して来た

梅雨の季節ということで、靴が雨にぬれても水が中に入ってこない、防水スニーカーを2回試し履きしましたが、僕の足に合わず、足のサイズをしっかり測ってもらって、ぴったりの靴を選んでもらおう、と考えました。

そこで、表参道にあるニューバランス東京に行き、足のサイズを測ってもらいました。

 

ニューバランス東京で足のサイズを測定

こちらが、測ってもらったときに貰えるカード(急いでいたので建物とか写真撮るのを忘れてしまいました)。

 

ニューバランス東京で足のサイズを測定、カード裏 

裏側には、測定結果と、足囲にから靴の幅を表した表が印刷されています。

 

ニューバランス東京で足のサイズを測定 

こちらが、測定結果。小さい・・・。因みに靴下をはいた状態で測定しました。測定時間は5分程度です。

結果を見て、驚いたのが、左右で足のサイズ違うんですね。

前回、試し履きしたミズノのスニーカーは右側だけ窮屈な理由は、これだったんですね。

 

測定した店員さんの話では、24cmで靴幅がEサイズがちょうどいいそうです。

今まで、24.5cmがちょうどいいと思って、このサイズを購入していたのですが、間違っていた(感覚的な問題なので、ゆったり履きたい人なら間違いではないが・・)訳ですね。

 

new balance m996 踵の切れ

ゆったりしたサイズの靴だと、歩くたびに踵が浮いて、スニーカーの踵部分の生地と擦れるため、このように比較的早く、だめになるそうです。 

あと、周りの上品な方を見ていると、スニーカーでも、靴べらを使ったり、脱ぐ・履く度に靴ひもを緩めていますね。

 

スニーカーを脱ぐ時、片方で抑えて脱ぐ

僕みたいに、強引にスニーカーに足を突っ込んだり、靴を脱ぐときも、上の画像のように、片方の足で、スニーカーを抑えて脱ぐなどスニーカーを早く痛めてしまう行為はしていないようです。

という訳で、僕も心を入れ替え、スニーカーでも脱ぐ・履く時は靴紐を解いてはいたり、靴べらを使うなどして、スニーカーの寿命を長くするように、心がけたいと思います。 

 
 

nice!(0)  コメント(0) 
 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント