So-net無料ブログ作成
検索選択

ニューバランス M996レザー購入レビュー

普段は、殆どスニーカーを履いているので、たまにはレザーシューズを購入しようと思いABCマートへ行ったのですが、レザーシューズは、すべて25cm以上からだそうで、自分合うサイズの24.5cmはないとのこと。

「靴の中に下敷きを入れれば大丈夫ですよ」といわれ、試してみたものの歩くときに足先が突っかかる感じがしてしっくりこない。

仕方ないので、レザーシューズは諦めて隣にあった、ニューバランスのM996というスニーカーを購入しました。

M996は、いつか欲しいと思っていたスニーカーでしたが、このタイミングで購入に至りました。

 

newnewbalance(ニューバランス) M996

素材はレザーです。せめて素材だけでもレザーを…というわけでなく単なる偶然です。M996のレザーは限定品らしいので(人気のスニーカーの為、何年かの周期で復刻するみたいです)。

ためし履きの前に、店員さんに「一度は履いたら、他のスニーカーは履けません」っていわれて、本当?と思ったのですが・・・

実際はいてみると、確かに足全体が固めの綿で包み込まれるような感じがします。感触は明らかに普通のスニーカーとは違いますが、「一度履いたら・・・」という程ではないなぁ、その時は思いました。

 

newnewbalance(ニューバランス) M996 USA

M996は、かかとの部分が皮(合皮)ではなく、綿のようなクッションで出来ています。

自分の経験では、ここの素材が皮の場合、夏では足から出た汗が水滴になってついたり、長くはいていると割れてきたりしますが、その心配がありません。

 

newnewbalance(ニューバランス) M996 USA カーボン

この復刻版M996は、ソールがカーボンで出来ていて減りが少ないとのこと。ソール(ヒール)には、“CARBON RUBBER HEEL”の文字が刻まれています。

あと、店員さんにハンドメイドなんです。と教えてもらったのですがネットでこの件を検索しても情報が見つからず。

 

newnewbalance(ニューバランス) M996

靴ひもの結び方は、外側から内側に紐を通すのが一般的のようです。右側の方が一般的で、左側の方が少数。この違いをどちらが「正しい、間違い」と言っていいのかわかりません。

あと、紐を結ぶ直前にわっかを作りその中を通して結ぶといいらしいです。

 

音が出ますので、ボリュームを調整してから再生してください。

しかし、この方法で結んでみたら、ひもの余りが短くなり最後の結びが小さくなってしまいましたので、普通の方法?に戻しました。

1ヶ月履いた感想ですが、普通のスニーカーと比べて、確かに足が疲れません。それは長時間歩いた夜に足の裏が痛くならないことで、特に実感しました。

 


試し履きの時は、「確かに普通のスニーカーとM996では、履き心地に違いがあるけど、言うことがおおげさじゃない?」と思いましたが、何日か履いていると実感できました。

 

関連記事