So-net無料ブログ作成
検索選択

PCI Express x16 ビデオカード端子を削りx1に加工・改造する [PC関連]

クアッドモニター(4モニター)にする必要があり、ビデオカードを増設する必要が出ました。

私の使用しているマザーボードP5QはPCIe(PCI Express)のx16バスが一つしかなく残りは、PCIe x1とPCIバスです。

そこで、当初は某中古通販で、PCIのビデオカードを購入したのですが、届いたのはPCI Express x16バス用で、返品することに。(^^;;;;

 hd2400-pci

型番とビデオカードのコネクタを見れば、一目で違いに気づくと思うのですが・・・。買い取り時と商品発送時の2回、気づくチャンスがあったのに。

 

時間的な問題もあり、冒険は避けたかったものの近所のPCショップで安いPCI Express x16のビデオカード Radeon 5450を購入しx1へコネクタ部分を削る方法*で、加工・改造することにしました。

* PCIeは、x16のボードでもx1モードで動作する上位互換のような感じで、コネクタの物理的な問題を解決すれば動くのです(但し一部に動かないのもある)。

参考 wikipedia PCI Express 利点

 

※画像クリックで、拡大できます。

参考にする際は自己責任でお願いします。最悪の場合パソコンが壊れる場合があります。また、この方法で試して映らない事例の報告もあります。

映ったらラッキー程度でお挑み下さい。

※比較的、高価なビデオカードの方は、マザーボード側のPCIeコネクタ側を削ることで、ビデオカードに傷を付けずに済みます(PCIeコネクタの先に電子部品がなく、ビデオカードの端子部分とぶつからない場合)。ただその場合、そのパソコン(マザーボード)は、傷物として売りにくくなるため、どちらに価値を残すか検討の上、お試しください。

※この削る方法では、PCIeのレーンが最小幅(x1)になるため、ビデオカードとのデータやり取りが狭く(遅く)なり、ビデオカードの性能がフル発揮しないような気がします(素人なので断言できませんが、3Dゲームやエンコード・計算処理をさせる場合は向かない) 。x1で繋いでいるモニター側はデータ転送量を必要としてない2D表示させる用途向き(ブラウザ・トレーディング時のチャートソフト等)とお考えください。多分。

 

Radeon HD4350とHD5450

左がRadeon HD 5450、右がRadeon HD4350。今回削るのは、今まで使用していた、Radeon HD4350です。

 


PCIe X16からx1に改造するための道具

改造に必要なものは、PCI Express x16のビデオカードとカッター、定規、マジック、やすり(100円ショップ等で売っている普通のでOK)、掃除機です。

PCIe x1バスは、1-11ピン、切り込み(ノッチ)、12-18ピンまでが使用する端子なので、19ピン以降をそぎ落とします。

参考 wikipedia PCI Express 仕様 ピンアサイン

 

19ピンにマジックを塗ります

まず、19ピンをマジックで塗りつぶします。そして、やすりで20ピンを目安に削ります。19ピンは一番最後にやすりで削ります。そうすることで、多少手元が狂っても、削ってはならない18ピンに影響がありません。

 

PCIeの19ピン目を削る

少し削った裏側の様子。ベニア板よりも力が要らずにサクサク削れます。細かい削りカスが出て、少し舞うので、削りカスを掃除機で吸い取りながら作業を行うといいと思います。

 

PCIeコネクタの上部分をカッターで削ります

ある程度やすりで削ったら、その部分から端までを、定規を使いカッターで切り込んでいきます。

 

ビデオカード端子をカッター30回程度

結構強めに、30回程カッターで切り込んだ様子。10回目ぐらいからある程度、溝ができるため定規を使わずカッターのみで行けます。

 

ビデオカード端子をカッター70回程度

70回程、切り込んだ様子。なかなか切れないのでペンチを使って割ることにしました。

 

ビデオカード端子をカッター70回程度

70回程切り込みを入れたので、端子部分をペンチを使って折切ります。

 

PCIeバスをペンチで折切る

ペンチで端子を何度か上下に振ったら割れました。

 

PCIeバスの仕上げ

最後にやすりで、黒く塗りつぶした19ピンを削って完成です。

 

PCIe x1バスに改造完了。

裏側の端子の様子。

 

カッターの刃

カッターの刃先を2回交換しました。

 

ビデオカード2枚差し

右側がPCI Express x16のRadeon HD5450で、左側が今回x16からx1に改造したRadeon HD4350。

 

PCIe x1のビデオカード

PCIe x1の端子拡大部分。ばっちりです。

 

radeon_hd5400_4350の2枚差しで4モニター

同じGPUメーカーのHDシリーズで合わせたので、今まで使用していたドライバーでそのまま自動認識しました。本当にビデオカードを刺しただけのお手軽さです。

 

 

複数のビデオカードを増設する時のコツですが、違うメーカーのビデオチップを組み合わせるとドライバーが競合することがあるようなので、なるべく同じビデオチップメーカーで同じGPUを組み合わせるとトラブルが抑えられると思います。

自分のパソコンがどのビデオカードを使用しているかは、ビデオカードの種類を確認する方法をご参考ください。

 

上の方法で映らない方へ

1.Windowsがビデオカードを認識しているか
コントロールパネル→デバイスマネージャーで、ビデオカードが認識しているか確認します。認識していてエラーが出ている場合、今回刺したビデオドライバーをインストールします。

また、今まで使っていたビデオカードを抜いて、今回削ったビデオカードのみにして起動して画面が映るか確認することで、問題の切り分けができます。

2.モニターとして有効にする
1の方法等で、ビデオカードが認識している場合、ビデオカードとモニターにケーブルをつなげた状態で、画面のプロパティで該当ビデオカード選択し「Winodwsデスクトップをこのモニタ上で移動できるようにする」にチェックを入れます。これにチェックを入れないと映りません。 

 

関連記事


 

 

 


肩こり・腰痛を持つ人に人気のアーロンチェア。ニューヨーク近代美術館の永久コレクションに指定されてます。

夏は結露せず
冬は冷めにくい
〝真空断熱コップ〟
↓↓↓↓↓↓↓
普通のコップと
比較しました!

真空断熱の二重構造で「暖かさが持続」する冷めにくいマグカップです。夏場は結露せず、一年中活躍します!


 

 

 


電子書籍を自分で作るときに必要なスキャナ。自炊ユーザーの殆どがこのscansnapを使用。


本を裁断する裁断機DC-210N。一度に40枚を裁断できる。


フローリング・畳から傷を守るチェアーマット。特に賃貸に住んでいる人にお勧め。