So-net無料ブログ作成
検索選択

PDFのページ番号開始位置を挿入・変更・編集・ずらす方法 [Acrobat/PDF]

ScanSnap iX500、S1500に付属のAcrobatで、PDFのページ番号を追加・編集・変更してずらす方法について書きます。 

表紙を含めて電子化した本をPDFにした場合、表紙からページ番号をカウントするため、そのままでは本のページ番号とずれてしまいます。

 

PDFのページ番号がずれている

PDFのページ番号が17に対し、本のページ番号は14になっています。

このままでは、本に書かれている目次のページ番号をみて、直接該当ページに飛ぶ時に表紙分のページ数を足したページ番号を指定しなければならず不便です。

そこで、acrobatの文書処理機能で、ページ開始位置を挿入・変更・編集して本に書かれているページ番号と合わせ、書き換える作業を行います。

 

文書処理機能でページ開始位置を指定

メニューバーの「アドバンス」→「文書処理」→「ページ番号」を選択します。

 

開始ページで、ページ番号をカウントするページ位置を指定

ページ番号のウィンドウがでますので、ここで編集・挿入・編集作業を行います。

 

開始ページの項目で、新たにカウント(ページ番号を挿入)をはじめるページ番号を指定します。

お好みで「新セクション開始のスタイル」で、カウントする番号の種類が変更できます。これでOKボタンを押して、編集が終了です。

本とPDFのページ番号が同じになっているか確認

あとは、本とPDFのページ番号が変更済みになっているか確認し、保存して終了です。

kindleやipadで表示する時に、電子化した本を広く表示するために余白部分をトリミングする方法がありますが、このページ番号を合わせる処理を行うことで、ページ番号の部分もトリミングしてさらに広く表示することができます。

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ


 

 

 


肩こり・腰痛を持つ人に人気のアーロンチェア。ニューヨーク近代美術館の永久コレクションに指定されてます。

夏は結露せず
冬は冷めにくい
〝真空断熱コップ〟
↓↓↓↓↓↓↓
普通のコップと
比較しました!

真空断熱の二重構造で「暖かさが持続」する冷めにくいマグカップです。夏場は結露せず、一年中活躍します!


 

 

 


電子書籍を自分で作るときに必要なスキャナ。自炊ユーザーの殆どがこのscansnapを使用。


本を裁断する裁断機DC-210N。一度に40枚を裁断できる。


フローリング・畳から傷を守るチェアーマット。特に賃貸に住んでいる人にお勧め。