So-net無料ブログ作成
検索選択

ScanSnap 自炊PDFおすすめ解像度・読み取りモードのスキャナ設定

ScanSnap iX500、S1500、S1300は、いくつかの読み取り解像度・スキャンモード設定があります。PCに詳しい人ではない限り、悩むポイントだと思います。

特に、PDFに自炊スキャンした後に、本の処分を考えている人には、重大な決断場面です(取り返しがききませんので)。

何も考えなければ、高画質モードで設定して、すべてスキャンしてしまえばよいですが、そうするとデータ量が大きくなり管理が大変です。逆に、圧縮率を高めるとデータ量は少なくなりますが、画質が落ちることになり悩む所です。

そこで、下記の検証結果を踏まえ、本の内容に応じてそれぞれの解像度・スキャンモードで取り込むことをお勧めします。

 

 


本の種類別、おすすめスキャナー読み取りモード・解像度・PDF設定

 

スキャン対象スキャナ画質モードカラー
モード
ファイル
サイズ
(圧縮率)
表紙カバー、カラー雑誌、写真集スーパーファイン
(300dpi)
カラー2~1
マンガ、イラストやモノクロ写真を
含む本
スーパーファイン
(300dpi)
モノクロ
文字全般の 小説・新書・単行本スーパーファイン
(600dpi)
色黒


*白黒モードは、ファイルサイズ(圧縮率)が固定のため設定項目はありません。

写真集の場合はきれいに取り込みたいと思いますので、カラーのファイルサイズ1で取り込みを行うことをお勧めします(ただ本当にきれいに取り込みたいのであれば、2~3万円台のフラットベッドスキャナーをお勧めします)。

画像データサイズは一般的に、カラー>グレー>白黒 の順になりす。ですので本に合わせて使い分け、データサイズを節約します。

スキャナーの解像度が300dpi以上になっている理由ですが、それは人間の目ではドットが区別つかないと言われるラインが300dpiということ。印刷物では、カラーは350dpi、白黒は600dpiが目安になっています。

また、スマートホンのように、将来タブレットPC、PCモニターは300dpi(ppi)程度になると考えられています。

但し、白黒モードに関しては600dpiで行います。理由は下記のリンク先の「スーパーファイン、白黒(300dpi/600dpi)読み込み時の比較」の項目をご覧ください。

ScanSnap 読み取りモードの圧縮比較

 

自炊について全般的なことを知りたい方は、下記の目次から辿ってください。

ScanSnap・iPadではじめる本の電子化(自炊)マニュアル

 


白黒モードについて

文字中心の本は、白黒モードをお勧めしましたが、中には文字中心の本だが数ページ写真がある場合があります。この場合、白黒モードでは写真はうまく表現できないので、そのページのみグレーでスキャンし直す方法を思いつきますが、正直面倒です。

本当にその写真のページが必要なものかを考えて、そうでもなかったら諦めてそのままにしてしまう適当さが電子書籍を続けるコツです。

最悪、どうしても鮮明なページが欲しい場合は、新たに購入するか、すでに販売されていない場合はほぼすべての本がそろっている国会図書館*で、コピーしてもらう方法もありますので気楽に電子化していきましょう。

*一応すべての本がそろっているはずなんですが、最近はそうでもないようなので、OPACで貯蔵状況を確認されるといいと思います。

 


将来を見越した解像度でスキャンする

現在の一般的な各モニターのdpiは、PCで100dpi前後、タブレットPCで150dpi前後ですので、300dpiで取り込むのは、過剰に感じます。

しかし、来年発売される、タブレットPC・電子インク画面端末は、300dpiクラスが搭載される予定で、PCモニターもいずれ高解像度になる時がきます。今は多少過剰でも将来を見越して300dpiで、取り込みをしておいた方がいいと考えます。

ただ、現在のタブレットPCの性能では、300dpiクラスのPDFを扱う場合、相対的にデータサイズが大きく、負担になるため、動作にもたつきが生じます。その場合は、下記の方法などで工夫すると、ある程度快適に閲覧できます。

 

追記 2012/5/27

新しいiPad(2012年版)では、i文庫HDなどの画像処理が速いアプリを導入することで、カラー300dpiの重いデータでも素早く表示されます。合わせてご参考ください。

ipohone/ipad/ipod touch向け、PDFビューアーbookman Lite

新しいiPad3+i文庫HDアプリで自炊PDFレビュー

Acrobatの「ファイルサイズの縮小・ClearScan」を試す

タブレットPCのCPUに関しても、毎年に倍以上の性能を持ったものが次々出てきますので、動作が遅い問題は現時点だけと思ったほうが良いです。

 

追記 2012年11月
新iPad(第4世代/2012年11月版)が発売されました。前世代に比べ処理速度が約2倍になったということで、データー量の大きい自炊したPDFでも、ある程度快適に使えるようになったと思います(youtubeに掲載した動画は第3世代ですので、それよりも速く動く思います)。

また、10インチで2,560 x 1,600(300 ppi)とiPadよりも高精密液晶で価格の安いNexus 10(16Gモデル/2012月11日現在で36,800円)も発売され、自炊したデータを快適に読める機種が徐々に増えてきました。

 

dpiについて詳しく知りたい方は、下記サイトをご参考ください。

スキャニングの基礎知識

 


保存するファイル形式について

保存形式には、「PDFとJPEG」の2種類あります。電子書籍にする場合には、断然PDF形式をお勧めします。

PDFにすると、「文字検索や文章のテキストコピー、マーカー、おしり登録、コメント記入」などの利便性があるためです。


自炊したPDFにAcrobatで、コメントを記入した例

Acrobatのノート注釈(メモ機能)で文字を書き込む

 

文字認識させて、本の内容を検索したりWordにコピーした例

本の内容検索と文章のコピー


参考記事

Acrobatのハイライト・注釈・しおり・リンクを活用する

 

漫画を電子化する場合、昔からjpgeでスキャンを行い、画像編集ソフトで、コントラストや色合いを調整して、zipで一つのファイルにパックするのが一般的でしたが、とりあえず手間をかけずに電子化したいという方は、PDFでもいいかなと思います(後からAcrobatでjpeg書き出しが出来ますので、jpeg+zipにし直すことも可能です)。

色合い調整については下記を参考ください。

PDFの色が薄い文字(本・書類をスキャンした)画像を濃くする


Acrobatのメニューバーから「ファイル→書き出し→画像→JPEG」で、書き出すことができます。

pdf_change02.jpg

 


各読み取り時の設定について

読み取りモードパネル

scansnap 読み取りモード お勧めカラー指定

画質の選択→スーパーファイン
上記の通り基本は300dpiでいいと思います(白黒モード指定時は自動で600dpiになります)。


カラーモードの選択→手動で指定する
白黒でよいと思う場面で、グレーで読み込みを行ったりしますので、手動で対応します。


読み取り面の選択→両面読み取り
表紙を一面のみ取りなど特別な理由がない限り、両面読み取りを指定します。


継続読み取りを有効にします→オン
書類をスキャンし終えても終了せず、続けてスキャン出来るように待機させる機能です。オフの状態では、セットした用紙を読み終えるとファイルを保存して終了になります。

 


オプションパネル
scansnap 読み取りモード お勧めカラー指定 オプションなし


白黒読み取りの濃度→必要に応じて
読み取りの濃度(コントラスト)を指定します。試しでスキャンを行い、文字が細いと感じた時に濃度を上げることによって、太い文字で読み取ることが出来ます。残念ながら、この指定は白黒モードのみです。


文字をくっきりします→必要に応じて
スキャンした画像が「色が薄い・暗い」と感じた場合に、指定することで画像の濃度(コントラスト)が上昇します。ただし、この指定を行ってもなお「色が薄い・暗い」と感じる場合があります。その場合は、PDFの色が薄い文字(本・書類をスキャンした)画像を濃くするをご参考ください。


白紙ページを自動的に削除します→オフ
白紙を削除してしまうと、見開きで表示した時や印刷した時(A4用紙に2ページ分割り当て印刷など)、ページがずれてしまい、原本と同じようになりませんので、基本はオフにしておきます。


文字列の傾きを自動的に補正します→必要に応じて
この斜め補正についても完璧ではなく、効果がある場合と、とんでもない補正をする場合があります。文章中心の本では効果が見られますが、グラフや絵を多用している本に関してはケースバイケースで対応します。

本全体を眺めて、斜めに印刷されているページが多い場合は、この傾き補正をオンにして数ページ試し、問題がなさそうなら残りのページを続けて読み込む方法が良いと思います。

先程も書いたように、まれに(デザイン的に文字に角度を付けた見出しなど)とんでもない補正を行うことがありますので、この場合はスキャン後、目視確認を行った方が良いと思います。素早く確認する方法は、スキャンした書籍PDFを目視で素早く確認するをご覧ください。

また、完璧主義な人には向かない? 自炊のメリット・デメリットでも触れましたが、この機能をオンにすることで、若干画像が荒れたり、ジャギー(ギザギザ)が現れる場合があります。使用する前にテストを行うことをお勧めします。


原稿の向きを自動的に補正します→オフ
先程の傾きは文字列に対してですが、こちらはページの向きが真っすぐか、横向きなのかを判断して「ページの向き」を補正してくれます。1ページ全体を使用した横方向のグラフがページなどに有効です。ただし、こちらも機能も完璧ではないので、オフで使用し、必要に応じてScanSnap Organizerで、該当ページを複数選択して一括でページ向きを変更した方が無難だと思います。


原稿を上向きにしてセットします→オフ
読み込む向きの指定です。通常は原稿の頭を本体に入れてセットしますが、逆にしてセットしたい場合にオンにします。あまり使い道がない機能です。

 

ファイル形式
scansnap 読み取りモード お勧め白黒 ファイル形式 指定


ファイル形式の選択→PDF
電子書籍の場合は文字認識やコメントなどを書き込める利便性がある為、特に理由がなければPDFを指定します。


検索可能なPDFにします→オン
この機能をオンにすることで、本の内容を検索できたり、文章をコピーしてWordなどに張り付けることが出来ます。いわゆるOCRという機能です。AcrobatにもOCR機能がありますが、こちらの方が文字認識の精度が高いといわれているので、こちらで処理を行った方がいいと思います。


原稿
scansnap 原稿設定

こちらは特に変更箇所はありません。

 

ファイルサイズ
scansnap(スキャンスナップ)、FI-S1500のドライバソフト7

1~5(1が画像を綺麗に読み込む代わりにファイルサイズが大きく、5が画像が粗い代わりにファイルサイズが小さい)まで指定できます。通常は2を選択し、きれいに残したい場合は1を選択します。

 


各読み取りモードの設定を登録する

本をスキャンする毎に、読み取り設定を変更するのは面倒です。そこで、あらかじめ読み取り設定を登録しておくと、メニューから切り替えるだけで変更できるようになり便利になります。

scansnap 読み取り設定保存

「クイックメニューを使用する」のチェックを外すと、右側のボタンに複数の任意設定ができるようになります。

まず、設定を行います。次に読み取り設定から「新しい読み取りの設定」を選択すると、保存名を聞いてきますので、わかりやすく「カラーPDF(300dpi/圧縮2)」などと入力します。

Scanボタン設定画面(上記の画面)の他に、タスクトレイにあるScanSnap Managerのアイコンをクリックすると下記のように追加したメニューが現れるようになります。

ScanSnap Managerから白黒PDF(600dpi)を選びます

 

関連記事

ico_arrow26r_1.gifScanSnap・iPadで本を電子化する24のテクニックまとめ