So-net無料ブログ作成
検索選択

たこやき器 GD-T18で、たこパーレビュー

大分日にちが経ちましたが、豆乳鍋パーティーの後半に行われた、たこ焼きパーティーの模様です。

たこ焼き器は、1000円台の安くてお得なGD-T18で、調理しました。この値段なら気軽に買えていいですね。

 

たこ焼き器 GD-T18

はじめは、オーソドックスなタコを具として入れます。

 

たこ焼き器に小麦をを投入

小麦粉を溶いたものを入れます。

 

たこ焼き器に天かすを入れる

天かすを入れます。

 

たこ焼き器に紅生姜を入れる

仕上げに紅生姜を入れます。

 

皆でひっくり返します

下側に焦げ目が出てきたところで、みんなでクルクル回します。このような直角のアングルで撮影できるのは、バリアングル液晶ならでは(ただピントが合うまで4~5秒かかるので動きが速い対象物を取るには向きませんが)。

 

エビ+天かすをたこ焼き器に入れます

続いて、エビをベースにしたたこ焼きです。

 

続いて紅しょうがを入れます

今度は、先に紅生姜を入れて、味の違いが出るか試します。

 

小麦粉を入れます

小麦粉を溶いたものを入れていきます。

 

煮るのを待ちます

下側に皮が出来るまで、待ちます。

 

たこ焼きをひっくり返します

下側が焼けてきたところで、みんなでクルクル転がします。

 

たこ焼き完成間近です

たこ焼きが完成しました!

 

これ1台あると、みんなでクルクル回したりして、盛り上がるので、自宅で集まる機会がある人は用意してはいかがでしょうか。価格も安くてお勧めです。

 
 

 

Facebook コメント